<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

(記事移転)「和文フォントの、Bold処理の中身。」「WordでBoldをPDFにして拡大表示」

※FeZn/Firework/inVox に掲載した記事、というかメモ。Vox閉鎖につき転載。
VOXで投稿したエントリ、ふたつを合。
2006/12/09「和文フォントの、Bold処理の中身。」
2006/12/12「WordでBoldをPDFにして拡大表示」

文中にある「妄想」は、その後Exblogか、はてなダイアリーか……どこかで追記を書いた、気がする。



Windows、Word2000、Acrobat4.0で試行中。

*.doc(Word)ファイルをPS(prn)→Distiller4→PDF化してAcrobat4で見る
と、
Bold化したところは、文字を重ね打ちしているのが見える。(ズレている)

プリンタ(非PSも?)で出したものをルーペで見ても、
そのようには見えない。

解像度の違い?
画面表示とプリンタの違い?

※Bold機能は、
フォント名でBoldが関連づけられているフォントは、Boldを呼び出す。
そうでないフォント(和文フォントはどれもそう)は、Regularを(少しずら
して)重ねて、太らせて見せているだけ。

※Acrobatがアドインとして作動するMicrosoft Wordで「PDF書き出し」をする
と、また違うのかもしれない。(未検証)




和文フォントのBold処理は、Wordで100ptにして500%表示にしても、重ねてい るようには見えない。 一方、10.5ptの文字列を含むWordファイルを、 PSプリンタドライバから*.ps(*.prn)ファイルを書き出して、 それをDistillerに喰わせたファイルは、 Acrobatで超拡大表示すると、このように「重ね打ち」してあるのが分かる。


妄想。……重ね打ちで太くするというのは、写植からの発想ではあるまいか?


条件を変えて、100ptの文字を打ったWordファイルをPDF化してみると、 Acrobat上で超拡大しても、重ねている様子は見えない。 (これは画像なし。)

10.5ptの文字列の場合に、特に目立つ……ということだろうか?

※100ptの場合も、表示するときに瞬時の遅れがあり、 その経過を見ると、あきらかに「重ね打ち」しているのが分かる。

b0062477_21204027.jpg

b0062477_21204942.jpg

b0062477_21205860.jpg

[PR]
by fezn | 2010-09-18 21:22 | DTP

(記事移転)先にアリガトウと言うコトについて

先にアリガトウと言うコトについて
※2006年12月26日に、FeZn/Firework/inVox に掲載した記事。Vox閉鎖につき転載。
……下書き段階、とも言える?
元は、街で撮った写真に雑感を付けてupしていたものなのだけれど、「雑感」と「下書き」と「完成エントリ」の中の、ドコに位置づけるべきか迷う代物。




メモ。(下書き。)

小林章 氏のBlogにもあったと思う。 文末。ドイツ語では「ありがとう」にあたる語の入る箇所。日本語の文章では「よろしくおねがいします」であったりする件。

画像参照。 鉄道のテロ対策。不審物に対する警戒についての掲示の中で、「なにとぞご了承ください」が「Thank you for understanding」になっている。

さて、かつて中学高校時代、練習中のテニス部の人たち。ボールを飛ばしてしまった時。その転がってゆく方向にいる人に対して。 「ありがとうございまーす」 決して「取ってくださーい」とは言わない。 『このほうが、確実に投げ返してくれるからさ』と、彼らは言う。

すなわち、 先にアリガトウと言う(感謝してしまう)ことによって、感謝に値する事象を引き寄せている。 ……のだと言う、

が。


これはあるいは、単に英語の直訳に過ぎぬのではあるまいか。

それが結果として、 因果逆成を成しているのではあるまいか。


b0062477_2142160.jpg

[PR]
by fezn | 2010-09-18 21:06 | Bookmark

(記事移転)Excel で重複排除する方法(ver1)

※FeZn/Firework/inVox に掲載した記事、というか個人的メモ。Vox閉鎖につき転載しておく次第。
……これにはversion2とか3とかがあったような気もするが、とりあえずVoxからの退避なので考えないことにする……。



Excel で重複排除する方法(ver1)


【例】

列「G」に5000件のメールアドレス。
重複したアドレスを削除したい。

列「I」に、これを入れた。

=COUNTIF(G1:G5000,G1)

で、I列には重複件数が表示されるようになった。
これだけだと、重複分を一括消去できない。
なので、列「J」に、これを入れた。

=IF(I1>=2,"▼重複アドレス","")

で、重複アドレスのある行の二つ目以降は、

▼重複アドレス

と表示されるようになった。
あとはテキストエディタで削除。
[PR]
by fezn | 2010-09-18 21:01 | Script

(記事移転)【memo】DTP/引用符の使い方/着想

※2007/05/29 に、FeZn/Firework/inVox に掲載した記事。Vox閉鎖につき転載。




■引用符の使いかたについて■

『文字組版入門』
2005 日本エディタースクール&モリサワ
pp.25


内容:

和文
□□「□□『□□□』□□」□□
□□「□□「□□□」□□」□□ ←小鉤 使用

欧文
オックスフォード・ルール
□□‘□□“□□□”□□’□□

シカゴ・ルール
□□“□□‘□□□’□□”□□

メモ:
小鉤使用例……ちくま とか。

着想:
前者(一重鉤と二重鉤)は Oxford rule の、後者(大鉤と小鉤)は Cicago rule の影響を受けている?

メモ:
EDICOLOR(6)+標準の外字フォントで〔大鉤+小鉤〕は組めるが、
文字間設定etc.が面倒、な気がする。

7 or later でOTF使えば簡単? (試してない)
[PR]
by fezn | 2010-09-18 20:57 | DTP

(記事移転)『「成り立ち」「書き順」漢字書き方練習帳』

※2007/12/11 に、FeZn/Firework/inVox に掲載した記事。Vox閉鎖につき転載。

『「成り立ち」「書き順」漢字書き方練習帳』写真1,2,3 三つのエントリから写真7枚。


予想より面白い。
書き方練習に使わなくとも、読むだけでも愉しい。

篆書とか隷書とか、歴史的経緯を辿れる。
で、手を使って体験できる。


但し導入部で「行書……楷書を崩した形」とあるのはNGでは?
テーマは漢字だし。
(平仮名の「いわゆる楷書」「いわゆる行書」ならあてはまら……ない、か。)

b0062477_20461379.jpg

b0062477_2046653.jpg

b0062477_20455955.jpg



b0062477_20421980.jpg

b0062477_20423119.jpg



成り立ちを知れば、
形態の秘密も
筆順の必然性も

見えてくる。


しかしそうすると確に、いわゆる旧字の素敵さに目がゆく。


※なお本書は「書く」ことの本なので、印刷字形の話は出て来ない。

b0062477_2041367.jpg

b0062477_20411596.jpg

[PR]
by fezn | 2010-09-18 20:47 | Books

(記事移転)グリフ主義そして疑問

※2007年11月に、FeZn/Firework/inVox に掲載した記事。Vox閉鎖につき転載。




『基本 日本語活字見本集成』の「デジタル活字の基礎知識」にあった内容と、本資料の英文を参考に、自分用の註釋を書き込んでいく。

が、AJ1-6については英文しかない。
まあ頑張って処理。


ところで疑問。
黄色い本のp532、
縦組用仮名と横組用仮名の説明のところの、CID#は逆な気がする。
つまりL1とL5を入れ替え。
(すでにweb上にあり?)

あと、adobeの本資料の巻末に誤植?
p222のL7、32057とあるけどたぶん23057。


いま手元には紙切れのメモしかないので、後で要確認&exblogエントリ。

b0062477_204828.jpg





「AdobeJapan1-6の文字列を追跡してみたりする気分。」(http://fezn.exblog.jp/8417467/)
に続く。というか、続きました。
[PR]
by fezn | 2010-09-18 20:30 | Typeface

(記事移転)私家版・同音異義語集(2006年ごろ?)

※2008年03月08日に、 FeZn/Firework/inVox に掲載した記事。Vox閉鎖につき修正&転載。
これは2008年の時点で「かなり放置していた」もの。1ファイルとして独立していなかったので作成日や最終更新日も分からない次第。
題名にもある通り、おそらく2006年ごろのものだと思われるが……



※誤記と誤変換を探すためのスクリプトを書く、ための下書きとして作成中に、放置していたもの。
(本来はXlsデータ)

More
[PR]
by fezn | 2010-09-18 20:19 | Script

(記事移転)旧漢字の書き取り本

※2007/11/26 に、FeZn/Firework/inVox に掲載した記事。Vox閉鎖につき転載。




コンセプトも作りもOKだと思う。

ただし疑問点いくつか。

代表例
・p221、字。あってない気がする。気のせい?
ねむくてよくワカラヌが……
しまらない、気がする。

あと、件の「2点シンニョウ」とか……
(資料調べなければ。)

b0062477_2013453.jpg

b0062477_20133434.jpg



(追記)↑やっぱり「一昼二昼」と書いてある気がするですよ。「一画二画」の筈が。
[PR]
by fezn | 2010-09-18 20:13

(記事移転)手帳サイズ写植スケール

※FeZn/Firework/inVox に掲載した写真。Vox閉鎖につき転載。




2008年にI社のW氏から見せていただいた写植スケール。
氏の私物で、4枚つづりになっている。
b0062477_207168.jpg

[PR]
by fezn | 2010-09-18 20:07 | Stationary

(記事移転)新文化、出版月報など_ver5

※FeZn/Firework/inVox にて 2008/11/30 にupした記事。Vox閉鎖につき転載。





出版関連の情報の中で、紙の資料の分をまとめてみたメモ。
・(2008.07-08)、2008.10.24(大きな変化なし)
・2008.11.18〜20 編集会議、文化通信、各社URL追加

◆新文化
■新文化
・各号(バックナンバー)600円
・半年間 紙のみ 14,400円
・半年間 デジタル16,500円(紙とセット)
・1年間 紙のみ 28,800円
・1年間 デジタル33,000円(紙とセット)
http://www.shinbunka.co.jp/koudokulog.htm
・縮刷版15,750円(直売)
http://www.shinbunka.co.jp/publishlog.htm
・縮刷版18,000(Fujisan.co.jp)
http://www.fujisan.co.jp/Product/12800777/

 ※デジタルサービスは、法人の場合は別料金。

◆文化通信社
■文化通信(週刊)
・各号(バックナンバー)600円
・1か月 3,600円(半年前納)
http://www.bunkanews.jp/
■オンライン版
・月額2,000円(申し込みは最低半年から)
・半年 12,000円
・年額 22,000円
※紙verの購読者は半額、月額1,000円
ただし「特別価格=年間割引なし」
・半年  6,000円
・年額 12,000円
http://www.bunkanews.jp/info/?id=payregist


◆出版科学研究所
★フルコース
※付:年報×1、講演録×2、都道府県雑誌配送量×1
・年間44,100円(送料無料)
■出版月報
・各号 1,890円
・年間21,000円(送料無料)
■ニュースの索引
・各号 1,260円
・年間13,650円(送料無料)
http://www.ajpea.or.jp/formmail/subscription-intro.html
■出版年報
・1冊 12,000円


◆印刷学会出版部
■印刷雑誌
・各号 1,400円
・年間17,640円(送料無料)
http://www.fujisan.co.jp/Product/145/


◆社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)
■プリンターズサークル
・年間 会員17,640円(税、送料込)
・年間 一般20,160円(税、送料込)
http://www.jagat.or.jp/books/PCsale/contents5/index.html
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680484


◆美術出版社
■デザインの現場(隔月)
・各号 1,800円
・年間 9,900円(送料無料)
・2年18,000円(〃)
・3年24,300円(〃)
http://www.bijutsu.co.jp/dezagen/
http://www.fujisan.co.jp/Product/1770


◆誠文堂新光社
■アイデア (隔月)
・各号 2,970円
・年間18,950円(送料無料)
http://www.seibundo-shinkosha.net
http://www.fujisan.co.jp/Product/19


◆宣伝会議
■編集会議(月刊)
・各号 880円
・年間10,560円(送料無料)
http://www.henshukaigi.com/


◆日経BP社
■日経デザイン
・各号 2100円
http://nd.nikkeibp.co.jp/nd/archive/
[PR]
by fezn | 2010-09-18 19:59 | Source


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧