<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

EDICOLOR9の足音

なんと。
まだ8も碌々つかってない鉄と亜鉛ですが、
EDICOLOR9.0が出るそうです。

キヤノンシステムソリューションズ:エディカラー
http://ps.canon-sol.jp/ec/
……公式サイトには、現時点(2006.10.30.[月])まだ出ていないようです。
11月24日リリースとなむ。

新機能リストをさらさらと見ていて「ほう」と思ったのは、『レイヤー機能』。8階層まで分けられる上に、レイヤーごとにロックしたり、“印刷しない”etc.が設定できるとの由。

……って、仮にすでに8からあったとしても気づけてないと思いますが。なにぶんメインが6.0ですので……。

しかしその6.0も使いこなせてないですねー。今日久方に本格的に「組み合わせ文字間」の設定をいじったのですが、かなり神経つかいました。というか時間かかりすぎです。

で、9.0。ルビ振りの強化とか表組み同士の連結の強化とか浮動枠とか、気になることはほかにもありますが、僕の仕事の中身からしたら、やはりレイヤー機能が一番気になる次第。
どうなのでせう?

(以下雑記)
そういえば今日は組版会社の人から、「InDesignにタグテキスト流して数式組版する方法を教えて」と言われたのですがInDesignは殆ど使えません僕は。てゆうか本職じゃないですし。(いや向こうもワカって聞いてるワケですが。)

(もっと雑記)
先週末、印刷解体の例のアレが届きました。わおわお。
でも撮影するの面倒だからuploadはいつのことやら。まだ昨年のも残っているというのに!
[PR]
by fezn | 2006-10-30 23:58 | EDICOLOR

フォルダ移動ができないと言われた件。(暫定的対処法)

まともなエントリ書く余裕がないので、質問されて答えたときのメモの改造転記。

Windows系OSにおいて、「修正したて(のファイルが入ている上の階層)のフォルダを移動したら、移動できなくて移動先と移動元に分割されてしまって困る」という件の暫定的解決策、らしきものとか。

この手の問題の解決策については、たぶんWeb上にきっとたくさん転がっているのでしょうが、うまく探すための検索キィワードが分からないので自分なりにまとめてみる次第です。(てゆうかそういうときこそ「人力検索」なのでしょうかー))
というか、ここをRSSリーダーで読んでるような人は多分皆さん通過済みでせうから、GoogleとかYahooとかで、以下のキィワードで引っかかるようになったらいいなぁとか思いつつupload。

Illustratorでファイルを編集後にフォルダ移動ができない。
修正後のデータ を含むフォルダが動かせない。コピーするしかない。
EPSファイルを編集後にフォルダ移動ができない。
「使用されています」というエラーメッセージ。
Windowsで。Explorer



■問題の概要■
この問題は、Illustrator、Word、EDICOLOR などのソフトを使っているときに
起きます。(……確か。)
ファイルを閉じたあと、そのファイルがあったフォルダを、(パス=フォルダのアドレス、を基準に)アプリケーション側が保持していて、“つかんで離さない”状態、と言えましょうか。
このとき、フォルダを移動しようとすると、うまく移動できません。
(編集したファイルそれ自体は、すでに移動できるようになっていることもあります。)

フォルダのパス(=アドレス)が変更されてしまうと、それらのアプリにとって都合が悪いため(?)、移動できなくなっているワケのようです。


■問題の本質■
ということは、問題は
「フォルダが移動する」
ことではなく
「フォルダのパスが変更される」
という点にあるのでしょうか。
……だとしたら、(ニンゲンにとって)分かりやすい操作手順が存在するワケでして。

■暫定の対策■
そこから考えて、僕が以前考えついて(その後は改良とかせずに)現在使っている対策は、次のとおりです。

◆A:当該アプリケーションを終了させて、少し待ってから“移動”する。
 ……かなり直感的&場当たり的な手法なので、オススメできません。

◆B:一旦フォルダを一時的に改名してから“移動”する。

  1. 当該フォルダを、改名する。
    (分かりやすいように、フォルダ名の冒頭に「_」を付けるetc.)
  2. 改名できない場合、当該アプリケーションを終了させる。
    1. それでも無理なら、関連アプリをすべて終了させる。
      (EDICOLORでリンクEPSファイルを使っている、と思ったらIllustratorでも開いていたetc.ある為。)
    2. それでも無理なら、WindowsExplorer画面(フォルダ・ファイルを見る
      ウィンドウ)をすべて閉じる。
      (ときおり効果が見られるものの、単に“時間を置く”だけで同様の効果が得られる可能性も。)
    3. それでも無理なら、Windows自体を再起動。

    改名できた場合、次のステップへ。
  3. 「Ctrl+Z」などでフォルダ名を戻す。
  4. フォルダを“移動”する。


複雑な手順に見えますが、基本的にはキィボード上にて

  1. 「F2」 (フォルダ/ファイル名変更
  2. 「Home」 (カーソル位置を行頭へ)
  3. 「_」(何を入れてもOK。しかし後で探しやすいほうがbetter)
  4. 「Enter」 (フォルダ/ファイル名変更 の確定
  5. 「Ctrl+Z」 (フォルダ/ファイル名変更 の取り消し

…と打てば【移動できるか否か】を事前に確認できます。

※「この操作の場合は確実に引っかかる」と分かるぐらい経験を積んできた
ら、「対策Bー2(アプリ終了)」→「対策B-1(フォルダ改名)」の順にし
ても良いと思います。(というより、“改名できない”場合が多いならば、そのほうが。)
 さらに慣れてきたら、「対策A(一時改名せず、アプリ終了させて少し待っ
てから移動)」……も、出来ると思いますが、これは時々自分で失敗していますので結局“非推奨”扱いは変わらず。


 で。なんか詳しい人が立ち寄って「根本原因は別のところにあるから、こんなふうにすれば抜本的対策になるぜよ」とかコメント欄に残していってくださるんじゃないかと夢想する今日このごろ。これが集合知。これがWeb2.0(ちと違う)。
[PR]
by fezn | 2006-10-26 23:30 | DTP

ひらめきアクション、金属活字、ゲシュタルト崩壊突破

さてさて御無沙汰、鉄と亜鉛がお送りします。

【印刷解体Vol.3 LAST!】
会期は明日(10/16[月])マデだったと思いますが、小生すでに10/8[日]に強行軍で往復してしまいましたゆえ、今日(10/15[日])は一週間フルに働いた疲れをいやしておりました。

昨年はダヴィンチの手稿とか、超絶の水平線フォトグラフとか、カキツバタ(の絵)とかを観に回った強行軍。六本木ヒルズ森美術館が遅くまで開いていたので、そこを予定に組み込んだ次第。ただ今年は文字通りひらめきアクションで、あまりきっちり(いやゼンゼン)予定を組まなかったので、渋谷近辺をウロウロして終わったのでした。

しかしその渋谷にも「塩とたばこの博物館」が存在したことは、閉館時刻を過ぎたあとにウロウロしていた気づいた次第。ああああああ。
ロゴスギャラリーのほうが後まで開いているのですから、最低限ここは行っておくべきだったなぁと後悔しきり。

そのほかでは、家具屋さん(と言うとイメージ違いますが)とか、アメコミトイズのお店(たしか「ブリスター」となむ)とか。
このお店、英語ペラペラの店員さんが複数いたり(というか、お客に、本場から来ているとおぼしき団体さん。あるいは日本在住で本土文化に飢えているのでせうか)。
あと、じっとしてると何かのキャラの等身大フィギュアと見まごう店員さんとか。いや店の制服(シャツ)を着てるんですが。

で、本題に戻って、印刷解体。
今回はラストとなむいうことで、知人の分の名前を拾ったりしているうちにかなり時間がかかってしまいました。
しばらく活字面を睨んでいると、教科書どおりの感じのゲシュタルト崩壊。それぞれの鏡文字が線の集合として見えはじめ、文字としての統一性・意味を失ってしまうのです。
自分のアタマをコツコツと叩いてそれを追い出そうとしてもナカナカに難しく、
やむをえずいったん脱出、隣の文具専門店「DELFONICS」や、また隣の書店「LIBRO」に迷い込んだり。
そこで下見をしておいて、再度突入。
アタマを切り替えて活字を眺めているうちに、鏡文字のまま読めるようになってきます。そうすると(まあ、並び方をある程度覚えたせいでもあり)早いもので、サクサク拾えました。(ま、それでも時間はかかってますが。)

昨年はココロの余裕がなくて注意の範囲外であったところの、紙モノ。国債とか宣伝ビラのたぐいをgetしてきました。感動したのは戦時中とおぼしき温泉地のチラシ。
「銃後の健康増進に温泉旅行を!」(大意)

で、罫線数種(@300円)とか、木で彫り足した活字とか、樹脂凸版(図版1枚)とかもGET。
そういえば『+Desgning 01』でも「樹脂活版」という用語が出ていたりしましたが、ググってみると特定少数(しかしどれも僕としては信頼度高め)のヒット。これは某大手印刷会社で使われてる用語ってことでしょうか。


そして「ケイ切りは僕が買うんですよ!」となむ宣言したものの、現物触って置き場所とかをイロイロ考えた結果、あきらめました。言行不一致。m(_ _)m
でも……その代わりというかなんというか、アレを買ってしまいました。アレ。
手元に未だ届いてません。注文生産のアレ。

あはははははははははははははは。
(後日up予定。)

……帰り際にDELFONICSで「Moleskine Diary 2007」「ブックダーツ」etc.を購入。
あとLIBROでは『真性活字中毒者読本』(まだ持ってなかった)、西沢氏の写真集『Deep Inside』(これスゴい。)などゲット。ほか数冊には地元で容易に入手可能な本まで含まれているのはご愛敬。
で、冒頭に書いた経緯の後に帰途についたわけです。往路に読んでいた本も鞄の中にあったので、昨年ほどではないにせよ荷物は重くて大変でした。鉛が結構はいってますからー。

しかし今回、ひらめきアクションで行動しましたゆえに、事前告知ままならず。
誰かと落ち合ってワケワカラン事を語る機会とか、鞄に隠した名刺代わりの編集尺の出番とかも無かったり。(往還の車中で、紙面を計りながら読んだりしてるので個人的には使いまくりですが。)
そういえば半日滞留(対流かも)していましたので、ひどくマニアックな買い方をしていった方々をみかけたり。
多分デザイナーだろーなという風貌のメガネの方は、『銀河鉄道の夜』の「活版処」の見開き紙面の「活字組版」「紙型」「鉛版」のうちどれかを注文なさった模様。同様にデザイナーっぽい人は台座(名称忘れた(>_<))とかオンリー。既にカツジは揃えてらっしゃるのかしらん。
で、その中で一万円札数枚分の買い物をしたり、伝票に万年筆で筆記してからカーボン複写と気づいてボールペンで書き直したりしていた、ユニクロの黒Futuraを着たあからさまに怪しい男が僕なのでした。


さてさて、こっち(exblog)も書きたいこと蓄積してますなぁ。多忙なのは良くないです。BlockBlogみたいに「アレを書く前にコレも書かなきゃ!」という意味なき思いこみループに突入しないことを祈ります。(って自分のことか!)

【タイトル予告】
■けいさつワープロと行末禁則
■物理的な意味でカーニングを考えてみる
■大陸「の」平仮名
■アングルド・ボディ
■「ハンカク」をイマドキ事情の中で合理的に説明する
■PDF-X1/a

※本気で書くかどうかは未定。


そういえば日月堂さんのサイトで、アダナ復活という話が。
[PR]
by fezn | 2006-10-15 23:57 | Wandering

散財の話。今秋の関東遠征は多分明後日というか明日というか。

というわけでこんばんは。日付変わって10月7日、ということは10/8は明日ということになりますが、その日に関東遠征しやうかなぁとなむシアン中。

シアン?

それはさておき、昨今の買い物。

××年前の知人にweb上で遭遇したせいで(?)、当時の記憶を漁ってみたり。そうすると「8」という数字が脳内でリフレインして、なにかと思えば小学生時代、『八郎』なる絵本。
斎藤隆介&滝平次郎、の絵本で、たしか担任の先生が、同じコンビによるシリーズを幾冊も“読み聞かせ”をやっていたような記憶が。
で、ふらふらと書店に吸い寄せられて、一冊だけ発見しましたのは『モチモチの木』。購入。これまた絶品。うむ。
あと『半日村』とか読みたい今日このごろ。

その数日前には「デザインの現場」の最新号とか、「+Designing 03」とか。
また、胸ポケットに入れる手帳を新しくしたり。厳密に言うと市販品ではなく、カスタマイヅドな感じで。僕の仕事方法の中では、小さな手帳が不可欠なので。
このあたりまた今度書きます。たぶん。気が向いたら。

今日は万年筆のインク(FeZn史上、初ボトル。)とか、TOMBOのZOOMシリーズのボールペンとか。
あと通販で買ったアレとか。


さて、そんな感じの散財デイズ(たぶん多忙でストレス溜まってるんだろうなぁ我ながら。ただ中の自分ではワカラヌにせよ)のクライマックスやもしれぬところの、
「印刷解体」を見に行く&買い込みに行く予定ですが、
午後とかは昨年同様、そのへんでイイ感じの展覧会とかやってたら見に行くやもしれず。しかしナニをやっているのか、まだチェックしていないというドロナワぶり。
[PR]
by fezn | 2006-10-07 01:45 | Typeface

フォルダ内のWord文書を一括でTXTファイルにするバッチファイルの控え。

xdoc2txt
http://www31.ocn.ne.jp/~h_ishida/xdoc2txt.html

を使用して、フォルダ内すべての「PDF,WORD,EXCEL,一太郎などの各種バイナリ文書からテキストを抽出」するバッチファイル。今回はWord専用。
だいたい今の僕の仕事場だと、Word文書をtxtに変換することが多かったりするゆえですが、多いといってもさほどのことではなく。

FeZn/Bookmark : ネットワークプリンタにPINGを打つバッチファイルの控え
http://fezn.exblog.jp/5772255/

と、同系統。すなわちCUI(CLI)操作代替のバッチファイル。

結局自分が使う分にはコマンドプロンプトで直接操作しているので、元々は「CUI恐怖症の方ため」&「なんとなく、書いたら楽しそうだから」という理由で作った次第。
しかし折角作ったのに、自分自身が既にこのバッチファイルの存在を忘れつつあります。あと1年もしたら「こんなの書いたの誰さね?」と言い出しそうです。
たまさかに今日、別のものをHDD内で探していて発掘したついでに、公開のWeb上に置いておこうという考えです。
でも誰かが参考にしてもらえる可能性が1%でもあるなら、ということもありますしね。

で、先回同様、本来はCUI恐怖症の人のために書いたのですが、活用されることなく結局手作業で処理している人ばかり。まあ仕事の内容からいって、txt に変換してしまってから処理するよりもWord文書として内容に諸々の変更を加えてからtxt形式で保存するほうが便利だからなんですがー。

※基本的に、発掘したバッチファイルをそのまま掲載しているワケですが、今回は若干ひらめき修正を加えてみたりした結果、数行増えています。


@echo off
echo 現在時刻:%DATE% %TIME%
echo □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
echo □□ 鉄と亜鉛の自動処理ツール 【Word文書→txt変換】 □□
echo □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
echo.
echo プログラム「xdoc2txt」を用い、このフォルダ内にあるすべてのWord文書(拡張子「*.doc」)を、すべて一括処理でテキストファイル(拡張子「*.txt」)に変換します。
echo.
echo まず、パスの通ったフォルダに「xdoc2txt.exe」と「zlib.dll」の両方があることを確認してください。(このバッチファイルと変換対象、それから二つのファイルすべてを、同じフォルダに置いておく……というのが簡単です。)
echo.
echo.
echo このフォルダにあるWordファイルは、以下の通りです。(下記に何も表示されない場合は、自動処理は行われません。)
dir / b *.doc
echo.
echo.
echo.
echo 作業を行わない場合は、まず「Ctrl+C」で確認表示が呼び出せます。
echo 確認表示が出ますので、「Y」→「Enter」で終了できます。
echo (ウィンドウの右上の「×」ボタンをクリックしても終了できます。)
echo.
echo.
echo 変換を始めます。バッチファイルの自動処理を
pause
xdoc2txt.exe -f *.doc
echo.
echo.
echo.
echo.
echo.
echo 変換処理が終了しました。...終了処理中です。終了処理を
pause


……てな感じで。



(2006.10.06.追記)
「echo なお、自動処理が正常に終了した場合、このウィンドウは自動的に消えます。」
という行を削りました。なんとなく矛盾しているような気がしましたので。
(2006.10.27.追記)
それにしても、慣れてしまうと必要ないですねー、これ。
ちなみにecho.命令が入りまくっていたりするのも、「普通のWindowsソフトウェアっぽい雰囲気を無理矢理ながらも醸し出す」のが目的です。
[PR]
by fezn | 2006-10-02 23:08 | Script


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧