<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「編集尺」

前回までのあらすじ:
編集作業に必要と称して、滅多に使いもしないものまで持ち歩きたがる携帯中毒者FeZnは、「スケジューラ」「ルーペ」などのみでは飽きたらず「モノサシ」「罫線スケール」「網点スケール」「級数表」「級・ポ 換算表」をポケットに入れる方法を画策しはじめた。
 (携帯中毒者:携帯電話依存症ではなくて、アイテムを携帯することそのものに対して偏執的な情念を抱く魂の病理。ところで中毒と依存症は別なんですがそれはさておき。)

級数が分かればポイントの値は(おおむね)算出できる。そして印刷物の級数は、漢字4文字の長さのmmの値と等しいため、mm尺が一本あればなんとかなるのだ。その役割を果たし、かつ罫線スケールのついた定規をゲットしたところまでは良かったが、それは結局のところ建築用品であったため、編集のためのツールとしては不充分なものと言えた。

詳細はこちら:
編集者のための定規/薄くて便利で小さくて/モノサシで簡易級数表
http://fezn.exblog.jp/5147085/




というわけで「ポケットに全部入り」計画。

シンワのクラックスケールは、「書籍の編集作業用としては、欲しい罫線が無い」「目盛りが0.5mm刻みで読み取りづらい」といった問題点がありました。

では、どうするか。どうするか。
……結論から言えば自分で作ればいいわけですね。
ふむ。

考えてみれば数年前に罫線・網点スケールも、自分で作って印刷会社さんにお願いして、量産したりしましたし。
……プリンタ出力でいいじゃん、って?
残念ながら太さ0.05mmの罫線や、10%を下回るAM網点は、プリンタでは満足行く品質にはならない模様です。
それ以上の濃度でも、OKIなど一部のレーザープリンタでないと、きちんとした網点(高倍率ルーペでのぞき込んで、美しい円or方形)が再現できないわけですし。

だからきちんと作ろうとすると、そういった設備が必要になりますが……

しかしとりあえず自分で使う分には、まあ現代のノーマルなレーザープリンタで出力できるレベルで良いでしょう。
で、厚手のコート紙にプリントして、二枚貼り合わせて強度を保つようにしたり。
(シンワの既製品で可能だったような、カッター定規としての使用は無理になりますが)

というわけで罫線スケール。
b0062477_12421757.jpg


それから網点スケール。
b0062477_12424065.jpg

これは、カードに配置する場所が無いので、諧調の前半・後半で二つに分けて配置します。

そしてmm尺のモノサシ部分。
数字書体は、確かFutra Light Condensed。
そして特徴的なのは山形の配置。普通の目盛りではなくて、少し変わった目盛りにしました。
b0062477_124384.jpg



1mm単位の刻みの、長さを変えた目盛り。
これはコクヨのUD定規(UD=ユニバーサル・デザイン)の影響を受けているのですが、少し視点が異なります。

定規|ユニバーサルデザイン|コクヨ
http://www.kokuyo.co.jp/eco_ud/ud/products/ruler.html


TOYOTA UDS UD直線定規
http://www.megaweb.gr.jp/Uds/About/collection_DB/office/of18.html


コクヨのUD定規の「ウェーブ目盛り」はゼロから10mmまでの間でなだらかに変化しています。
また、数字サイズの工夫や方眼など、定規としてのたくさんの工夫の結晶ですね。

一方、編集&組版をベースに考える、今回のFeZn自作ツールの目盛りの要点は、以下の通り。
  1. ゼロ~5mmの間は順に長く。
  2. 5mm~10mmの間は順に短く。
  3. 最後の10mmだけ、より短い0.5mm刻みを追加。
  4. ついでに印刷物の文字サイズのポイント数も出せる。


デザインとしては、実は製本の世界の遺産(?)「山形背標」の影響も受けています。

本との出会い診断-出会うまで
http://www.iwanami.co.jp/todokumade/seihon/origami/origami.html


本の名称
http://www.bbc-web.com/hyakka/5/kaisetu.html


というか先ず最初にウェーブ目盛りを見て、「(波と直線の違いはあるけれど)背標っぽいなぁ」と考えたことがベースです。
そして自分の仕事では見かけたことのない「山形背標」。それが「岩波背標」etc.に駆逐されていった理由は、「上り坂の途中と、下り坂の途中の区別がつきづらい」という点だったと聞きます。

しかし定規の目盛りの場合には、その混乱は起きそうにないですし、1~2秒ではなく2~5秒程度かけて(暗算しながら)のぞき込んで数えるときに、たとえば「22mm」と「23mm」の区別がつきやすい形にしたいわけです。

15cmや30cmの定規を携えて素早く数字を読み取るにはUD定規のウェーブ目盛りのほうが良さそうですが、僕が使いたいのは「簡易級数表として」あるいは「15~40mm程度の組版要素を測る」という要素が大きいので、試してみた結果、山形目盛りのほうに利点がありそうだ、と思った次第です。



さて、ポイント数を、いかにして測るか。
b0062477_1244965.jpg

……15mmの近くに、小さく「10」だの「10.5」だのと印字されています。それから右のほうに「16」とも。これが「4文字=ポイント数」の簡易目盛りです。書体を変えたほうが良いかなぁと思いますが、

もちろん、これだけではいかにも足りないので、その下に簡易換算表を配置してみました。
  • 5.67
  • 7.09
  • 8.50
  • 9.92

などとありますが、これは級数に対してのポイントの値。
ちょうどmm目盛りの真下に来ています。
  • 5.67 …… 08mm = 08級
  • 7.09 …… 10mm = 10級
  • 8.50 …… 12mm = 12級
  • 9.92 …… 14mm = 14級

といった感じで。



さて、こういった感じで組み合わせて、それに「洋紙寸法の表」「印刷単位換算式」を加えてやれば、ほぼ出来上がりです。
とりあえず出来上がった「バージョン0.1b」は、おおむねこんな感じです。

b0062477_1251747.jpg


名付けて「編集尺」。
この言葉は映像編集の世界において別の意味があったりしますが、「計算尺」とか、建築の人が使う万能ツール「曲尺(かねじゃく)」etc.に対抗して(?)命名。

実は微妙な間違いとか、あったのですが、そのあと直したりしました。
そう。これを作ったのは2か月前なのでした。

なので、もう先のエントリに書く中身は有ります。
今回の「ポイント数の出し方」は(自分で作ったものですが)不満がありまくり、ですし。(ポイントの数字と、ミリメートルの数字が、目の中で混ざってしまうetc.)

(後継バージョンでは、mm目盛りも若干変更しています。)

(つづく)




(2006.07.07追記)
→東京国際ブックフェア2006の会場にて配布。
[PR]
by fezn | 2006-06-30 12:52 | Stationary

編集者のための定規/薄くて便利で小さくて/モノサシで簡易級数表

なんだかまとまりの無いタイトル。

さて昨今はセミナーとか行ってきたりして、そのレポートも書こうかなとは思いますが、まず給料元に提出するほうを書きつつあり、しかし全然終わらないので現在諦念と戦い中です、はい。

さて一方、僕のポケットに忍ばせるツール類、その2(か、3?)なのですが、こんなカード。
b0062477_0391216.jpg

シンワのサイトにある「クラックスケール・カードタイプ」700円)
80mmの定規と、罫線スケールが一体になっています。

しかも頑丈(たぶん踏んでも大丈夫でしょう)。
しかも0.5mm目盛り。

これ、本来は「クラックスケール」で、シンワの製品で建築系アイテムなのをハンズで見つけて買ってきた次第。
編集とかDTPの人も、同社の30cmとか100cmとかの定規は使ってますよね。
それらと同様の仕様で、15cmで、裏に罫線スケールが入ったタイプもあるのですが、やはり財布や胸ポケットに収まるサイズというのは非常に便利です。

と申しますのは、僕の場合スーツを着て仕事(中でも外でも)しているわけではないので、使えるポケットの数とサイズに限りがあります。
その一方で仕事の内容上、常にすぐ使える位置に「メモ」「スケジューラ」「ペン(三色ボールペンとか)」「カッターナイフorハサミ」「電卓」「定規」「級数表」「級:ポ換算表」「罫線スケール」「網点濃度スケール」「ルーペ」「カラーチャート」などなどが欲しいわけです。(これらについて、このWeblogの「Stationary」カテゴリで詳述していく予定です。)

そして立ち歩く以上は、それらすべてが携帯できていたらいいなぁ……という願望。
あるいは無謀。

A列・B列などの洋紙寸法は、暗記しておきませう。
基本の数字を覚えて、あとは2倍4倍。
本当は三五判とか菊判とかの寸法も暗記したほうがプロっぽいとは思いますものの、僕の仕事では必要性がさほど無いのでした。


で、このシンワ製のクラックスケールは短い線分ならば、ペンで直線を引いたり切断したりするガイドにもなりますし、そもそもmm定規は級数・歯送り表の代替として一応は使用可能なわけです。

ご存じない方の為に(←偉そうだなコラ)解説しておくと、
1級は4分の1mm(0.25mm)ですので、
4級=1mm になります。
そのため、たとえば20級の漢字のボディ・サイズは5mm
したがって20級の漢字×4字分の長さは20mm
ということになります。
よって、4字を測って「14mm」なら「14級」、「26mm」なら「26級」というわけで。

かな&漢字1文字だけでは、仮想/実ボディのサイズを正確に知ることは困難というか事実上不可能なため、5mmを測って20級という数字を出すことは困難ですが、
4文字(8、12、16文字でも構いませんが計算が発生するので面倒)ならば、漢字の“頭と頭”あるいは“センター(中心)とセンター”を始点&終点にして、一般的な文字サイズに対しては事実上正確に、長さを得ることができます。

無論これは和文正体ベタ組み専用で、かつ見出しetc.における手作業の加工が入っていると厳しいのですが、そこは経験で補正したり……。
(平体・長体の場合、それぞれタテやヨコの「元のほうの長さ」を参考にできたりもしますが、これもツラいですね。)

mm尺のモノサシ一本あれば、級数表がなくともQ値をゲットできるわけです素晴らしい! まあ透明の級数表と較べてしまうと使いづらいですけれど。
……いや、この「4文字mm=級数」メソッドは、キャリア数十年のベテランの方に、編集1年生か2年生のころに教わったのです。
つまり、受け売り。

で。
このメソッドを応用して「2.8文字分(※)を測ってポイント数を割り出す」とか色々考えたのですが、文字数を小数点以下なんて、ちょっと非現実的なので「4文字mm=級数」→「それを換算式でポイント数に」という方法のほうがマシでしょう、たぶん。
(※……2.8字じゃないかも。計算し直すの面倒なので放置。)

というわけで、このカードは編集作業に必携のアイテムとして使えるので、胸ポケットに忍ばせる次第です。
なんといっても、これには普通の定規には無い「罫線スケール」までついているワケですから! (これを級数スケールの補助としても使えたり。)

……もっとも、罫線スケールではなくて、あくまでも本来は「クラックスケール」すなわち建造物などに生じた割れ目(クラック)の幅を読み取るためのもののようです。そのため、印刷物で使うようなものとは、罫線(←だから違う)のラインナップが異なるので、若干そのあたり使いづらくはあります。
※カード式になっている罫線スケールや、DTP関連の本の巻末についている附録を見ると、ラインナップの揃え方の差異が判ります。


また、mm尺のモノサシが実際には「0.5mm」になっているという点は、肉眼で『活字寸法』や『紙面上の組版要素のサイズ』を測るには、いささかならず不向きです。
無論それらの用途には、「ルーペ」+「0.5mm目盛り」が必要になることもあるのですが、これはカッターナイフで刻印を削り落としたほうが良いのではあるまいかと思えてしまうところ。

……これらの問題点については、いろいろ考えた結果、僕なりのアイディアが出てきました。
それは次回のエントリにてup予定。

そんなのいらねー、建築用で良いのじゃ! という方は、東急ハンズとかネット通販とかで入手可能だと思います。


シンワ測定
http://www.shinwasokutei.co.jp/japanese/about.htm




というか、もっと便利な方法とかが判明すると僕は助かります。ご存じの方はご教示いただければ幸いです。
……それは次のエントリおよび、水面下で動いているその関連の計画を瓦解させてしまうのですが。


それ以前に、計算まちがってないですよね今日の記述。
少々ならず眠いので……。



(2006.06.30追記)
http://fezn.exblog.jp/5149520/に続く。
[PR]
by fezn | 2006-06-29 23:52 | Stationary

詳細拡大、アウトドア・スコープの簡単カスタム(未完)

今日も今日とて、片付けつつ巡回してみたり、色々。

実験る~む 30倍スコープ
http://dslabo.blog4.fc2.com/blog-entry-564.html


に載っている30倍スコープって、僕の手元にある「micromacro」と同じじゃあないかと気づく今日このごろ。

はてさて、まず9倍ルーペのエントリを書こうと思っていたものの、ものごとはタイミングでありますゆえに、今日はこいつ。

おそらくOEMだったりする製品で、僕は以前東急ハンズにて購入。望遠8倍と顕微30倍の組み合わせですが、30倍のほうは確かに、ぴったりつけるとうまく見えない次第。

これ、対物レンズ側の透明の部品(なんていうんでしたっけ)が、斜めに切り落とされているからですね。松飾りの竹の切り口のごとく。
浮かせるというよりは、長端(というのかな?)を紙面に付けて、80度(というか110度というか)くらいの角度で構えると、ぴったりとピントが合います。たぶん。

僕自身は馴れてしまったせいもあって、これで不満は無かったものの、確かに通常の印刷物用の10~20倍ルーペとは扱いが異なりすぎるので、たしかに扱いづらかったりもします。こういうところは、気づかぬうちに効率が下がっていたりするので、撃滅すべき箇所かもしれません業務上の。

で、フィルム(※)を巻いてみました。
 (今日入れ替えた19インチLCDの画面保護フィルム。たぶん製版フィルムの剰りでも問題ないのではないかと思います。)
これで完璧!
ポンと紙上に置くだけで30倍の世界!
b0062477_23351419.jpg


……なワケはなく、
「90度」ではなくて「80(110)度」なのですよね。
だからこれではうまくいかないワケです。

……巻き方を工夫したら、なんとかなりそうな気はします。


なんでこんな仕様なのかと言えば、これって基本的に平面を観察するためのアイテムではなくて、三次元観察用なのではないかと思います。
野外観察用のポケットルーペとかと同じコーナーにありましたし、そういった20~30倍ルーペ類は、同様の(鹿威しの竹のような)切り口でしたし。

たぶん昆虫とか、葉脈とかを観察するのだと思います。本来は。

普段僕がポケットに忍ばせているのは同様にハンズで購入した、9倍の「縞見ルーペ」(本来は印刷物ではなく、織物の縞を見るためのものらしい)なのですが、この倍率でもかなり、普段見えているものとは違う世界が見えます。
30倍ともなると、それとすら全く異なってきます。網点が云々とか、分かったように語れる次第。
印刷のヒトではないので専門的なことは分からないのですが、まあハッタリ系アイテムというかなんというか。(待て)

※基本的には、ペンを(立てて)持つ感じで構えると、紙やフィルムなどの平面に対しては快適に観察できるような気がします。

価格は覚えていませんが、ハンズメッセで買ったような気もしまして2000円しなかった筈(いや2500未満だったか)なのでレンズ愛好者に結構オススメです。ただし店頭で実際に観察してみてからのほうが良いとは思います。
[PR]
by fezn | 2006-06-26 23:37 | Stationary

二段階PDFとかTIBFとか。

さてさて昨今本当に更新していないですが、まあRSSリーダ経由とかアンテナ経由とかで見てらっしゃるのだろうと勝手に想像して「まあいいか」となむ思ったりする夜中です。こんばんは。

僕が作ってるわけじゃない本について、「印刷する為にはどうしたら良いか」となむ問われたり頑張ったり。
てゆうか組版アプリ~出口、までの経路をきちんと設計して欲しいのであります。事前に。
……だがしかし、そうもいかないのが現実のシゴトというやつですけれど。

第一段階。
「PostScriptファイルそのものを呉れぃ」
→「ほいさ」
→→「出力できなんだ」

第二段階。
「じゃあPDFファイルで呉れぃ」
→「ほいさ」
→→「これも出力できなんだ。フォント関係のエラーが出よる」

第三段階、
「というわけでフォントは全部埋め込んだPDFを呉れぃ」
で直接僕が電話に出たりして色々聞く。むー、と唸ったり。

今回は、元がWindows版EDICOLOR+和文モリサワCIDをAFMで使用、英文の部分がWindowsTTフォント、という仕様。
生データEDICOLOR記事ファイルそのままで出してくれるところもあれば、「TTのみPDFに埋め込み、モリサワCIDはセッターに有るものを使用」なる仕様でOKであったり(それでちゃんと刷り上がってきた)。ちょっと前まではEPSが(僕の周囲では)流行っていたような気がしますがそれは流行とかそういう問題でないかもしれず。

某大手印刷会社の方は「なんでもいいからフォントは全部埋め込んでくれ」となむ仰る。
「えー。WindowsのEDICOLOR6.0からのPDFでA-CID リュウミンR-KLを埋め込むのは物理的に無理ぢゃん」となむ心の中でFeZnつぶやいたものの、あのエントリを想起したり。

実験る~む ぬげー、しらんかった
http://dslabo.blog4.fc2.com/blog-entry-494.html

ダイナミックダウンロード対応アプリから、フォントエンベッドして書き出したPSファイルを、フォントのインストールされていない環境の『Acrobat Distiller』でPDFを作成してもフォントがエンベッドされる。

となむ。

ん。ということは、
1.「組んだWindowsマシン上で、TTフォントをEDICOLOR(ダイナミックダウンロード対応)からPS書き出しするときに埋め込む」
2.「そのPostScriptファイルをMac(モリサワCIDのATM搭載)上のDistillerでPDF化(するときに、和文CIDフォントを埋め込む)」
という手順で、「Windowsの欧文TTフォント」も「Macモリサワフォント」も同一PDFファイルにエンベッドできるのではあるまいかと想像。

で、やってみる次第。

結果。
b0062477_092769.jpg

おおお。出来るじゃないですか。

※『そのデータをMac版EDICOLOR6.0(モリサワCIDのATM版フォント搭載Mac)で開いて「PS書き出し」→「distillerでPDF化」ってすれば良いぢゃん』という考えもできるのですが、(少なくとも今回使用の)英文TTフォントのWin←→Mac互換性が確保できませんでしたのでー。

しかしこんなので良いのでせうか。(設計者が想定していないかもしれないクロスプラットフォーム連携)
印刷会社さんのresは、担当者経由で聞いたところによれば「このPDFで、おっけい」との由。

とりあえず次の段階待ち。


さて、そんなことをやっているうちに、なんだかまたTIBFの季節ですがどうしましょう。
http://web.reedexpo.co.jp/tibf/
実はTIBF2006までにひとつ面白い(かもしれない)企画を考えているのですが、この状況では出来るかどうか。

たぶん面白いです。いちおう構想2年。



あと、自動組版について新しい情報を大量に仕入れたのですが、特定の情報なので書けないかもしれず。
[PR]
by fezn | 2006-06-06 00:07 | DTP


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧