<   2005年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

追跡するXeroxの黄色いドット

ちょっとびっくりしたので速報。

ITmedia エンタープライズ:Xeroxプリンタに追跡コード――EFFが警告
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0510/18/news021.html
 研究者らは15×8の格子に並んだ黄色いドットのパターンがすべてのカラーページに繰り返し印刷されていることを発見したと、EFFの技術者セス・スコーエン氏は説明する。
 これらのドットは拡大鏡を使うか、青い光を当てたときにのみ見える。青い光の下では黄色いドットは黒に見える。
 各国のEFF支持者やスタッフがさまざまなFedEx Kinko'sで印刷したテストページを分析したところ、研究者らはこれらドットの一部がプリンタのシリアル番号に対応することを発見した。ほかのドットは印刷した日付や時間に対応している。


僕は10倍(正確には9倍だっけな)の倍率のルーペを持ち歩いているわけですが、名刺とかのぞき込んで「おおXeroxですな」とかつぶやいていたわけです。
もちろん普段の校正紙も。
Xeroxのエンジンでは、きっと原理的にイエローのドットが残るのだろうなぁと考えて。

……じゃなくて、あれは出力機を特定するパターンなわけですか。
まじですか。
[PR]
by fezn | 2005-10-18 19:49 | Bookmark

印刷解体。濃密な空間にまどいもする。

貼ったらEDICOLORを一撃で終了させることのできるEPSファイルが出来た。
と思ったのですが、OS再起動したりしてるうちに問題なくなったり。
なんだったんだろう。

はてさて無理して東京遠征した時の記録を書こうと思うのですが、まとまった文章を書く気力が無さげです。ふむ。
公私ともに膨大な情報をnow処理中にて。

とりあえず、ダビンチとか見てきましたよ。雑誌じゃなくて。
……ってそれは既に書きましたね。

府川先生とか高岡先生がフツーに(←この用法は本来好きじゃないのだが使うようになってしまった)そのあたりにいらっしゃるので吃驚。
あとから考えたら質問すべき/できる こととか、けっこうあったなぁ、となむ思ったり。

お二方の名刺をいただきました。
……名刺かっこえぇ。

あと耳に入ってきた会話に出てくる人名も、僕の分かる範囲でもナカナカにスゴかったり。はふぅ。
「……ライノタイプの名刺は……」
「……小林さんのを貰いましたが」云々。
 こばやしさん?

「……こみやまさんが……」
 小宮山さん?

ほかにもいろいろな方がいらして、漏れ聞こえる会話も濃密だったと思うのですが、半可通な鉄と亜鉛にはイマイチわからぬのです。残念至極。
鉛と錫とアンチモンにしとこうか。(←謎。というか違う。)
なにかを得るには、それに見合う前提知識がないといかんのですな。
4年前とかよりは、そのプラットフォームは僕の中に有るとは思うものの、まだまだ足りない。
願わくは、現在の経験をすべて写真的に写し取り、
未来において(知識が増えたときに)その中身を再度なぞって、再度経験できたらなぁと思いもする、わけでして。


はて、会計を済ませるときにスタッフの人たちが「○○さんとか、いらっしゃってましたね」「まるでサロン」とか会話していたような気がする今日このごろ。
まさしくその通りなんだとは思いますが(以下重複)


……ところで合計4時間ぐらい会場に居た気がするのは気のせいですかそうですか。
清水名人の手元ばっかり見ていて半分、カツジとか古い本とか見ていて半分、といったところですか。

道具の話とか金属の話とかは後日(書く暇と気力の問題)。



(2005.10.18追記)
「ライノタイプの」じゃなくて「ライノの」って仰っていたかもしれません。どなたなのだか認識できませんでしたが。(清水名人のお弟子さんと話をされていた女性の方、だと思ふ。)


(2006.01.19追記)
FeZn/Bookmark : 最近の、古い道具の写真。
http://fezn.exblog.jp/4048289/
に続く。
[PR]
by fezn | 2005-10-18 02:49

罫線。

(下書き状態で暫く置き、書き上げて公開モウドにしたのは10/17)

新文化を読んでいたら罫線。文字に重なってます。
b0062477_2573758.jpg


む。これはここか。
b0062477_257458.jpg


全体の中での位置関係はこんな感じ。
b0062477_2592854.jpg


最初の図版は、3番目の中では右下の端の。


先日「印刷解体」を見たりしたときに思ったのは、
昔の罫線は、一回刷るならば、
物理的に文字と重なることはなかったのだなぁと。


それから、ブルケイは、本当にガタピシ。
当然なんだけれど、一枚の板が振れてるから、直前直後に印刷図像を置けないんじゃないだろうか。

……なんだか文章力がなくてどういう状態を表しているか表現できていない今日このごろ。
[PR]
by fezn | 2005-10-15 01:23 | DTP

反転世界と、骨の歪む音

というわけで(謎)関東に遠征して「印刷解体」ほか色々見て帰ってきました。よく考えたらイマドキの印刷関連の展示会のほうにも行けばよかったかなぁと思うものの、まあそれはさておき。

詳細は後日(書けたら)書きますが、金属活字とかステッキとか組版とか。
組版って、作業の名称なだけじゃなくて、物理的なアレ。重いです。
鞄が重くなりました。
ただでさえ僕の鞄は、刃物類が常備されていて重いので一層。(オイ)
置き引きに遭わなさそうな重量です。

活字を物理的に拾う作業をしているうちに網膜に左右反転の文字がチカチカと。
夕方には六本木のダ・ヴィンチ展に行きましたが、そこも反転文字とかあって、まさに左右反転の文字に縁のある日でした。

で、そのあたりまで鞄を右手に持って歩いていましたらば、なんだか顎の噛み合わせがおかしくなってきている気配。うを。
骨も歪みます。一度だけ預けたら、クロークの人が目を剥いていました。
左手に持ち替えたり、鞄からリュックサックを出してそちらに一部を移したり。
[PR]
by fezn | 2005-10-12 13:10 | Typeface

手を切った犯人

前に書いたエントリ「次々と三カ所、手を切ったりした話。」の。

手を切ったアレ。
b0062477_2339014.jpg


うわあ使いにくそうな。
(ヒトゴトぢゃない。)

テープカッター(台)と言えば、7月のISOT(国際文具・紙製品展)で興味深いものをみかけました。まだ発売段階ではない、とのことでしたが、軽くスッと動かすだけで、目打ち(切手の端のアレ)の如くギザギザにならない仕掛けの。

というわけで、7月27日に「スタート」した「小道具編」、ようやく第2回。(というか現実逃避中)
[PR]
by fezn | 2005-10-06 23:45 | Stationary

まだ「若干の余裕」がある、あの「帰りの鞄」のように。(例によって内容とは直接の関係は無し)

池袋コミュニティカレッジ 講座詳細 : 電子活字をつくる(タイポグラフィ)
http://college.e-doc.co.jp/ikepri/files/200510/homepage/public/hp/20051013331.html

欣喜堂の今田欣一氏による単発の特別講座。

言葉は文字として表記され活字書体に変換さ
れ書物として流通されます。この講座では,
碑文から復刻した「いしぶみ」を例にして、
書体設計の実際をその原資料・製作意図・製
作過程などを含めて詳しく報告いたします。


これ、次の日曜(10/9)なのですが、まだ予約状況には余裕があるようです。
「セゾンカードをお持ちの方は電話予約もOK!」となむ。
そうでない方はそれなりに。(窓口のみ、だそうで。)
まあ支払い関係とかありますしね。
教材費別途というのは通常、単発の場合は、資料類の複写にかかったコストとかを当日集めるそうで。

単発の講座ですが、次の期かどこかで、一定期間の講座が開設されるそうで、そのパイロット版? といった趣なのかしらん。ふむ。

窓口のみだと無理ですなー。というか僕はデザインの人ではないので他の方が参加されたほうが有意義? 家族名義でも良いそうですが、セゾンカードは解約済みにて御座候えば。

そもそも小生上京するにしても、
土日に行くか日月と行くか月曜トンボ帰りするか、
土曜か日曜に稽古とかあるのですが行けるか、
しかし土曜と月曜は地元で用事があるのですが。

……その前に仕事が終わってないという大問題が。
すべて曖昧模糊として。



というわけで、まだ若干の(かどうか)アキがあるそうなので、興味あって条件の整っている方は、参加してみると面白いんじゃないかと思う今日このごろ、

あの噺家のかたを思い出したりしています鉄と亜鉛。
[PR]
by fezn | 2005-10-05 18:00 | Typeface

ETなPrincetown

そのへんにあったポストカード(というか、宣伝のやつ)。
RESORT & SPORTSって書いてあったりしますが、またアンパサンドが Et っぽく。

b0062477_225206.jpg


そういえば『欧文書体』の本だと「フツラ」「アンパーサンド」だったような(今手元にないですが)気がします。発音。

で、このポストカードのやつは例によってWthatTheFontに放り込んだ(原図の隅っこにあったスクリプト体も認識した!)ところ、Princetownってえやつらしき。ファミリーとか分かりませんが。

Princetown : Style Details : MyFonts
http://www.myfonts.com/fonts/itc/princetown/princetown/




ところで、こんなエントリ書いてたり昼間に書店に寄ったりしているどころの場合じゃないんですが。
現実逃避というやつですか。
[PR]
by fezn | 2005-10-05 02:24 | Typeface

8の時代の相性問題

今日もPSエラー。
ERROR:stackunderflow
OFFENDING COMMAND: ROLL

FeZn/Bookmark:今日のPSエラー
http://fezn.exblog.jp/3382254/

でこんなことを書きました。

 日付を正したら、ちゃんと出力できた次第。
 PSプリンタはXeroxのです。
 ちなみに非PSプリンタでは、日付がおかしくても出る模様。

 たぶんこれが原因だと思うのですが、果たして。


 ですが同じページの、再校データで同じ問題が発生。
 今度は日付を直しても変わらず。むぅ。
 リンクを張り直しても変わらず。
 で、再度検索してみる今日このごろ。

New G3 Mac情報
http://www.algo.jp/algo/old-site/data/new-g3mac.html

・Illustrator8.0
PageMaker やQuarkXPress に Illustrator EPSを割り付け(配置)すると、PostScriptプリンタへの印刷出力時に「Error:stackunderflow offending command: roll」PostScriptエラーが発生する場合がある。原因は互換性オプションに「5.0/5.5」を選択しているからとAdobeはいっている。対策は8.0eps形式で保存する。
レジストーションカラーを含むデータを分版出力する際に[オーバープリントブラック]にチェックを入れるとK版のみしか出力されない。解決方法はプロセスカラーの設定をしたオブジェクトの[ファイルメニュー]から色分版設定-オプション「オーバープリントブラック」のチェックをはずす。次にオーバープリントする必要のあるオブジェクトを選択し、[属性パレット]から[塗りにオーバープリント-線にオーバープリント]の設定を行うこととAdobeはいっている。
Illustrator 8.0.1 アップデータが配付されました。・・6/11
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/illustrator/mac/8.x/updaters/ai801jpn.txt
ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/illustrator/mac/8.x/updaters/ai801jpn.hqx
EPS ファイルを「Illustrator 5.5J」互換性オプションで保存し、QuarkXpress に割り付け(配置)した場合の PostScript (ポストスクリプト) エラーがなくなったとしています。

 なるほど。
 ファイルのプロパチーを見てみると、8.0で作成して5.0/5.5で保存してあるので、取り敢えず手元の9.0環境で8.0保存してみます。
 そうするとXeroxのPSプリンタから無事に出力されましたので万々歳。

 しかし、先回は日付情報を新しくしただけのツモリだったのですが、ひょっとして8.0に保存し直してましたっけ? んー。そんな覚えはないのですが。
(自分の仕事でないので、全版管理はしていないワケです)

 ひょっとしたら作った環境のマイナーバージョンが0.01足りないってことでせうか。確認してもらうことにします。
Adobe Illustrator 8.0.1 Updater
http://www.adobe.co.jp/support/downloads/801.html
EPS ファイルを「Illustrator 5.5J」互換性オプションで保存し、QuarkXpress に挿入した場合の PostScript (ポストスクリプト) エラーがなくなりました。


 だとすると、これを使って8.01にして貰えば良いのかと。
 手元の9.0環境で8.0保存したデータじゃなくて、作ったところで保存しなおした奴が欲しいです。迷信かもしれませんが。
 (ひょっとすると日本語版じゃないかもしれないし。むぐ。)

 結局のところ、アプリとバージョンの相性問題、らしいです。ふむぅ。

 便利っぽいPostScriptエラーの情報はこちら。
はてなブックマーク - FeZn/Sinfonia :[PostScriptエラー]
http://b.hatena.ne.jp/FeZn/PostScript%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%bc/
[PR]
by fezn | 2005-10-04 12:59

あの壺の人。

タイトルの「あの壺の人」ってのは内容としては例によって関係ないのですが。

単漢字でなく、単語の中で。それから脳の話。 (http://fezn.exblog.jp/3548809/) の、続き。

「魔」でした。「まだれ」+「マ」。
略したって「ム」が内蔵されているだけですが、あるいはこれが転倒した形?
いやたぶん、「ま」の音からなのだと思いますがどうなのでしょう。



塩沢兼人の壺の人とは関係ありません。
[PR]
by fezn | 2005-10-04 00:55 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧