<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

結局つくった。

前半2枚は、先回のエントリを書きながら作成。「明朝体」の漢字に、「別の明朝体」「楷書体」の仮名、で混植。
そのあと2枚は、いま作成。「楷書体」漢字に、「明朝体」仮名。同じ明朝仮名書体でウェイト違い。

漢字:平成明朝
かな:モトヤ明朝
(ウェイト忘却)
b0062477_23335810.jpg


漢字:平成明朝
かな:HG正楷書体
たしか明朝が95%で、仮名が110%だったような記憶が。
んー。大きくしてのぞきこんでいるときは感じよかった(ように思った)んですが、改めてみてみるとだめですね。なんか。
b0062477_23344529.jpg


More... (混植見本2枚につづきます)
[PR]
by fezn | 2005-04-27 02:15 | Typeface

「の」の前と後ろ。

 「の」の前と後ろ、と言っても字形や詰め組みの話ではなくて。

グループ書体 - 築竹な日々 - 取り留めのない話
http://shotai.g.hatena.ne.jp/karpa/20050425

 で取り上げて頂いているわけですが、なるほどなぁとなむ思ったり。
 今日は脳は死にかけてますが手が空いてるので、図示で行きます。というか文章にできるほどこのあたりについて知らぬからなのですが。イメージ、イメージ。

b0062477_234293.jpg


 ↑明朝体「の」アルファベット。Fを用意してみました。リュウミンで。
 左は本来の従属欧文。右が自作。
 んー。ぎもぢわるい。
 でも慣れの問題なんですかね。あと、僕が数分で適当に組み合わせただけというのも理由かもしれませんが。

b0062477_23414859.jpg

 ↑ここで謎の図が登場。
 左端は漫画の組版。アンチックに相当するのが手元にないので御容赦を。
 二番目が本文の世界。
 右二つは手書きのつもりで。
 ならんでる順番にはあんまり意味はないのです。

More...(わけのわからない図版がつづきます)
[PR]
by fezn | 2005-04-26 23:26 | Typeface

この水平の一本の棒は

(週末に書いておいたエントリ。25日に公開モウドにする予定が、寝てしまって翌日。)
 思うことがあるのですが、いったい「同じ字形で異なる文字」というのは、どういうことなのだろうか、ということです。
 これ、単純なんですよね。きっと、ちゃんとワカってる人にとってみればわざわざあげつらうまでもないことなのでしょうけれど、僕マイセルフとしては思考をまとめておくに値するため、鉄と亜鉛風味でおおくりします今日のエントリ。(たぶん初歩的すぎて今僕の手近にある本にはないのでせう)

 で、画像系ソフトで、マウスをつかんで、びーっと横に引いた画像。かつ文字。マッキーで描いた手書き図像をスキャンすれば良かったやもしれませぬが。
b0062477_22335850.jpg

 さて、これなんですが、漢数字の一でしょうか。
 音引き(ー)でしょうか。
  ※カタカナの音引きと平仮名の音引きって(コード的にでなく)別なんですかね。リとりは別の字ですが。(平仮名には音引きを使わないという話を聞いたことがあったり)
 全角ダッシュ(―)かもしれませんし、全角ハイフン(-)かもしれませんし、いや全角ではなく半角のハイフン(-)かもしれません。
  ※そもそも全角半角って実際本当に問題ありすぎです。コトバとして。

 いや、これは画像ですから、ひょっとしたら横倒しになってるかもしれないじゃないですか。
 英字大文字のI(アイ)かもしれませんし、小文字のl(エル)かもしれません。漢字に「コン」っていう字があるんですよ。「丨」ってぇ字。

 ……僕が編集した本で、「丨」が正しい字形になってない本があるのは秘密。「一」を横倒しにしてあるなんて口が裂けても言えません。
 字形が合っていれば、文字コード的にどこにあろうが関係ないと思うわけです。別のエントリにもちらと書きましたし、以前BlockBlogのほうで偉そうなことを書いたりしましたが。

 トと卜というのは、ある意味では同じなんですよね。だからゴシック体で区別がつかないのは当然のことで。
 明朝体で区別がつくのは異様なことであり当然でもあり。
 我々が「みんちょうたい」と呼んでいるものは本来のそれではなく、
 漫画の吹き出しが<石井ゴシック+アンチック体>の混植であるように、<明朝体漢字+楷書系和字>の混植なわけですから。
 きっと、和欧混植をする前に、活字は明治のブレイクスルーで和漢混植を取り込んでしまっているのでしょう。

 ある文字集合(ちと違うか)の中に同じ字形の他の文字は存在せず、するように見えるとしたらカテゴリの異なるものらしいです。どうやら。(大文字/小文字は異なるも文字集合?)
 数字の1、0と英字のl、Oがそっくりなのは、英字と数字(インド/アラビア数字)が異なる出自を持つゆえで。
 I(大文字のアイ)と時計数字(ローマ数字)の1が区別できないのはあたりまえで、ローマ数字なんていう数字は存在せず、ローマ式の数字表記法があるだけですから。(このあたり語弊ありますがー)
 昔のタイプライタの中には、数字の1と0を持たないものがあるそうです。(いま検索しましたが画像みあたらず)
 これはlやOをその代用とするわけで、秘密工作員007がダブルオーセブンと呼ばれているのと類似なわけで。

 なので、N60BASIC人間であったころの僕を想起すると、ゼロには斜線を入れてOと区別していたり、ロゴタイプとかでもZに斜線が入って2と区別している例を街中で散見したりするわけでして。手書きの文字に於いてはそういった対処が取られていたり。製図の現場とかで。
 しかしこの対処は、カナや漢字では事実上使えない、わけですね。アとマは線の角度が異なるだけで別字であったりしまして、加藤教授(でしたっけ?)とかが「カナ改善運動(書き方を少し変えるだけで、区別しやすくなる)」をやっていたり。確か。

 ……その一方「り」と「リ」は区別ついたりしますよね。手書きだとそうではない場合があるにしても、これを見誤るフォントは少なく。
 その直線性と曲線性のありようから、かな/カナは異なるモノといえるわけで、同様にカナと漢字も違う「書き方」があったりで。
 だから先掲の教科書体の例では、なんとか漢字と和字(トと卜)の区別がつきそうだったりするのでしょう、か。(このへんまだ調べてないです)
 手書きで僕は、和漢と英数のサイズを変えてみたりします。というか手書きや古めの本文明朝では、和字が結構小さいですよね。
 
 
 ちなみにここだけの話ですが、某社の英語教材は、小文字のエルであるべきところが、すべて「半角数字」の1で組まれているものがあったりします。0~9の数字は別書体の混植。
 当該刊行物の編集者にとって、そのフォント(センチュリー系のやつだったような気が)エルの字形よりも1の字形のほうがエルとして相応しいのでしょう。
 途中でその話が来たものですから、もう大騒ぎですよ。いやはや。
 文字を入れ替えた専用のフォントとか作って用意してくだされば良いものを。

 このあたりは、関連して、最近覚えた事の中に、クォーテーションマークの字形とかいろいろありますが、また後日。
 たとえば天下のB社とかは、用意してるんですよね。専用書体とか、専用校正システムとか。
 S社も小学校の数字&記号類専用のフォントがあったりします。ぎゃふん。


 
 
 ……ちなみに上の画像は、僕の記憶が正しければ、マヤ数字の「5」です。
 ついでに言うと我々が数式の左右をつないぐのに用いているのは「10」ですし、「1」を中黒(・)と称して区切りに使ったりしているわけでして。

 
 たとえばすべて楷書あるいは硬筆文字で組んでしまうと、かな・カナ・漢字・記号類が殆ど区別つかないじゃないですか。無理矢理がんばって区別つけることはできるかもしれませんが、ある文字という同定が瞬間的に可能な範疇を越えることはできないわけで。
 その点、明朝漢字に楷書「系」和字という組み合わせですと、わりあい区別がついて素敵に思います。単なる結果なのかもしれませんが、そういうこと、も、背景の一つとしてあって現代に至る、和漢混植明朝というのがつづいているのかなぁ、などということを考えたりします。
 ※しかし「楷書」を辞書で引くと、漢字の書体となむ書いてあったりします。その他もろもろの理由でこれを「楷書」と言ってしまうのは問題アリアリなのですがとりあえず。

 明朝体Loveなんじゃなくて、明楷混植Loveなんじゃないですかねニッポンは。
 語弊ありますがとりあえずたぶん。



(2005.7.8追記)
http://fezn.exblog.jp/2840079に関連する話題。palmOneのロゴのエルがワン(1)になっている件。
[PR]
by fezn | 2005-04-25 23:01 | Typeface

LikeとDislikeの間に横たわるもの

(3/27日にだいたい書いたんですよね。そのあと塩漬けにして、推敲。)

 僕としては珍しく彼方此方で参照されたりした気配のある例のエントリ(漢字の母国の明朝体と、その神話性についての空想。)ですが、その関係でいただいたコメントとかトラックバックを観ているとやはり人間とその言葉というのは属人的であって、ものごとをつらねていくのはかくも難しくそして面白いものなのだなぁとなむ思ったりします。(すみません意味不明ですね)

 生活日報■ [書体]中国と明朝体
http://d.hatena.ne.jp/mashco/20050325#1111757247

中国では篆書・隷書・楷書を「正書」として格をもたせたことで、3つの正書とそれ以外に分離され、書体にヒエラルキーが生まれた。有名な書家が官僚だった経緯のせいかもしれない。

一方、日本では、書体にそういう「格」がない。


 半可通(半ですらないか)であるところの鉄と亜鉛は、格というものがいまいち(いやまるきり)分からなかったりしますゆえに困ったものです。そのため僕の眼球フィルタでは自動的にTPOという和製な英語へと変換されていたりします。
 でもまあTPOというコトバと格というコトバが意味するところが異なっているというのはワカるので、ぼちぼちと噛みしめます。
 というか自分の中で意訳なんですよね。

中国では1956年以降、政府として簡略字と横書きを公式化し、そこではソンティ(宋體?/宋書体?、日本でいう明朝体のスタイル)が制定書体として採用された。漢字を数万字から7000字まで減らし、39の筆致で表現できるようエレメントを基準化した(会議のメモより)。確かに、明朝体ならパーツの標準化に適しているし、ウロコや打ち込みのおかげでその線がハライなのか斜めの直線なのかの判別も容易だ。このとき中国政府は書体を「格」ではなく、簡体字制作という目的を達成するために選んでいる。


 政府による標準化という視点がばっさり僕には抜け落ちていましたが、パーツの標準化といえばGT書体も最初は普通(じゃあ普通じゃないのは何かとかありますがそれはさておき)の明朝体であったことを想起します。

 GT書体ということで探してみるとこんなコラムを発見。
OPT-コラム
http://www.open-text.com/main/column.htm
GT書体はあえて明朝の特徴を排している。
 GT書体は、開発当初明朝の結体(けったい)を基礎としていました。しかし、調査範囲が拡大し文字数が増えるに従い明朝の結体ではどうしても壁が出来てきます。GT書体は、正確でなければいけません。しかし、反面可能な限り明確で汎用性を持ち合わせなければいけないのです。相反するテーマを長年追求した結果といえます。その為、明朝の特徴を排し今の結体に完成しました。例えば、書き順による結体差です。右の図のように明朝の特徴的結体では「ム」は3画に見えます。「ム」は2画なので、そう見えるように形づくられています。


 画像もあり。http://www.open-text.com/images/column02a.gif

 僕の中はGT明朝は一般の明朝体と教科書体の中間的存在だということで理解しているのですが、しかし分業の副作用か、同じ構造の漢字でエレメントのサイズが揃っていなかったり色々。とはいえ開発者グループ自身そういったものを目指しているわけではなく学術目的だと言明されているので、ある意味問題ないのでしょう。
 それに、美観的に“使える”本文用書体を作って頒布することに問題もあるのでしょう。官による民業圧迫とか(明朝体は全部政府が作って配布しているのだと思っている人もいるようですが)。和文フォント大図鑑の桜花氏が日記帳で以前、上質過ぎるフリーフォントの配布は考え物かもしれない、というようなことを仰っていたように記憶しています。(過去ログみつけられないですが)

 で、思いっきり話がそれてしまったようではありますが、じつのところそうでもなく。GT明朝を巡る妄想は、ちゃんと(?)つながったりするのでした。

 さて、またしても武道の話に一旦飛びます。
 僕は〓〓道(※)をやっておりまして、ハマってしまい抜けられずにいるわけです。まあ人生傾けるほどではない(と思う)わけですが。〓〓の中身を書くとかなりの高確率で僕個人が特定できてしまいますので書きません。それぐらい超マイナーです。
 で、合気道とかも好きですね。友人がやっている影響もありまして。直接関係のない遠くのところまで、ネットの力でお近づきになって出稽古に御邪魔させていただいたり。
 仕事場の近くに空手の道場があってそこに見学に行ったりもしました。
 でも空手も素敵なのですがやはり、〓〓道のほうが僕にとって習慣性・中毒性があるというわけで今に至ります(このあたりはまた後日)
 カラテ(現代の。古い空手はまだ詳しくないので範疇外)も好きですが合気道はもっと好きですね。趣味的に技術的に。しかしその思想に共感するかというとまた別の話で。
 でもそれよりも〓〓道のほうが好きなわけです。遙かに。
 しかしたとえば後輩とかが道場で「合気道の技術だとこのように動かすから云々」「空手ではこの場合こうだから、AはBじゃないんですか」とか言うのに対しては、〓〓道の内包する、思想と技術の一体性とか、技術の体系性とかから語ります。語ります。

 なにか細かい技ひとつ(突き技ひとつ、投げ技ひとつ)であっても、その理屈・理論を他の武道に求めるまでもなく〓〓道には一貫した/統一されたメソッドがあるのに、なぜ他の部品を求めるのか、
 それを足すことは却ってバランスを崩してしまい、〓〓道修行者としての自分を遠回りさせてしまうというのに、わざわざそうするのはなぜか。
 ……そんなことを思いますので、僕はそのあたりは切って捨てるのです。「要らねぇ」。
 むろん、考え方の参考にするところはしますし、「これは異なるメソッドだけれど、他の視点から類似の動作を検討することには価値があるから」となむ述べて説明・紹介することはあります。
 ですがリプレイスしてしまうことはなく(現代武道でそのような姿勢を取っているところがあったりして、傍目に観ている限りでは首をかしげてしまうわけですが)あくまでも"岡目八目"を己がものとする手段だと僕は思うのでありまして。
 「空手ではこう突いて……/だから〓〓道としてもこうしたほうが」
 「合気道の投げはこう優美で……/固める技も合理的で」
 そうじゃあないんですよね。自分たちなんてのは、数百年の歴史の中では流れ去る小葉に過ぎず、まして達人ではなく若輩で、
 中にいるひとが外のものを(参照するのはいいけれど)称揚してリプレイスしようとするのは滑稽で、大切なモノを蔑ろにしているように、僕には思えます。
 空手だって好きなんですよ。合気道だって好きなんですよ。
 でも僕の世界の中では、〓〓道のほうが圧倒的に優位を占めていて、……というか〓〓道を学ぶ空間においてはそれは当たり前のことですが。
 「少林寺拳法では~~なんですか」
 「柔道では~~なんですか」
 ……なんていう質問が矢継ぎ早に来るならば、こう答えることでしょう。 
 「どうしてそのような質問ばかりするのか? 我々には我々の歩むものとして最善のものが、すでに用意されているというのに」
 
 
※註:「〓」は伏せ字。というか本来は「ゲタ」。活版印刷の用語で、該当する文字が存在しないときに文選・組版工程で「活字を裏返して入れた」状態。ゲタの歯のように見えるためその名で呼ばれるわけで。なので本来文字コード(のようなもの)を持つ存在なのではなく、すべての文字が裏返せばゲタ。……しかしまあコンピュータで扱うためにはコードを与えられているわけでして。
 『基本 本づくり』は活版メインで写植が新技術だという時代の本で面白いのですが、そこには「やたらとゲタを沢山履いた初校紙を出してきたり、再校・三校でもゲタだらけの校正紙を出してくる印刷所とかあって最低」(意訳)となむ書いてありました。
 とりあえず見あたらない文字はゲタで出しておいて、校正している間に彫り師のヒトが仕上げたりした模様。印刷博物館のスタッフのヒトに聞いたりした話では、偏と旁がそれぞれ有る場合にはまっぷたつに切ってニコイチ(二個一)でくっつけて刷ってしまうことも日常だった模様。(意訳。ひょっとしたら誤解しているかもしれません)
 印刷に関して文字なんてのは、活字の状態がどうだとか、文字コードがどうだとかいうのは枝葉末節というかそれ以前の問題であって、読者の目に触れる製品が”きちんとした文字”であれば本来いいはずなわけです。内部的にどんなに無茶苦茶な組み方をしていようが。(活版の時代には、ある意味、現代のような意味での無茶苦茶な組み方というのは無理だったのでしょうけれど。)

 ……脱線話につける註釈からいつのまにか話が戻りかけていますが、まあぼちぼち。計算済みのような計算間違いのような。


 さて、いまのところ『逍遙 本明朝物語』『活字に憑かれた男たち』を読了したわけですが、僕にとっての疑問そして「このようではあるまいか」という点が、結構解消されたりする今日このごろ。

 三度目の中国旅行で、洛陽の孫成崗という知性ある青年に明朝体を見せながら、あれこれの質問をした。多分あまりに私の質問がくどかったのであろうが、堪りかねたように
「何であなたはそんなに明朝体にこだわるのですか。中国には芸術的に誇るべき篆、隷、真(楷)、行、草という五体があり、柳葉体(日本でいう宋朝体に近いようだ)はそれに近いといえますが、あなたのいう明朝体には芸術性はありません」
といいはじめた。なおも私はそれは書道の話では理解できるが云々といいかけると、
「私は新聞はともかく、好きな小説を明朝体で読みたいとは思いません」
といい放ち、私たちを唖然とさせた。同文同書の国であると思い込んでいたのは日本人の勝手であり、中国人はやはり明確に書体の構造と背景を歴史的に把握し、独自の使途を見定めているのであった。

 『逍遥 本明朝物語』 98~99ページ

 上述の、武道に関する僕のコトバはこの構造を(まるっきりそのまま、ではありませんが)引いたわけでして、
 そして僕は空手や合気道が嫌いなわけではありません。むしろかなり好きです。ボクシングとかも好きです。格闘しないスポーツだって好きです。それらはどれも素晴らしい。
 ただ、〓〓道のほうがずっと好きだというに過ぎないわけで。

 中国の人(ただしインテリ限定かもしれませんが)が明朝体より楷書体etcが好き、というのならワカるじゃないですか。
 ほかに百倍好きなものがあるのと、それを嫌いだというのとでは随分違いますよね。

 それだけの話のような気がします。ただそれだけのような。
 (ただその周辺のことについてはこのあと僕は勉強してみます)

 日本の人が(その印刷の来歴のゆえにか)、中国の人に比べて”異様に”明朝体を偏愛している、というのもワカりますね。それなら理解できます。
 ただし、日本人が本当に明朝体loveなのかというと大いに疑問が残るところです。(書き言葉としての日本語が、印刷の領域において漢字だけで組む文化ならば、そのまま中国の文化との対比ができますが。)

 
 ……明朝体の仮名ってぇやつは、明朝体じゃない、じゃないですか。
 SCREENのサイトの連載を見ると、明治初期には明朝仮名が志向されていた時期もあるようで。
 そして写研の大蘭明朝かなDとか。これこそ明朝風/明朝系の和字ですよね。
b0062477_23512125.jpg

 明朝風の和字は結局本文用としては採用されず、漫画のフキダシが石井ゴシックとアンチックの混植であるように明朝と楷書の混植がスタンダードとなり、
 和字の比率は5~6割以上。“昨今増えている”とはいえ、前掲の『基本 本づくり』の時点でも漢字が半分を超えていたわけではなく。

 (あくまでも現代&さかのぼって半世紀程度の状況ですが)文字量にして半分が明朝体じゃないのに、これって「明朝体」なんですかね。本当に。
 無論、速読などで意味を追う核としての部分が漢字であるのは既知のことですが。


(まだつづく)

(……2月あたりでbookmarkは更新休止にする予定だったはずなのにもうすぐ5月だなぁ。)
(休止じゃなくて頻度downか。それなら想定通りか)



(2006.11.01追記)
最近(この夏ぐらい?)ようやく“書体の格”というモノがワカるようになってきました。
……なのでこのあたりの話の続きは、いずれ書くやもしれませぬ。
[PR]
by fezn | 2005-04-24 23:25 | Typeface

リュウミンとヒラギノの哲学を垣間見る

(19日に下書きして20日&23日に加筆、公開モウドにしたエントリ)
 昨今超多忙だったりした鉄と亜鉛。でもまあ多忙といっても死ぬほどではなく。
 さてそうこうしていると、モリサワから冊子「文字は語る」(アンケートに答えるとプレゼント、と言っているアレ)が届いたりしまして。
 それとは関係ないのですが、ふと思い立って永字八法。つまり一つの文字に書の宇宙。八種類の運筆がふくまれておりますゆえに、永の字が上手く書けたら一人前だかなんだか。
 じっさいのところ、数日前にふとDTP World 4月号の附録だった「OpenTypeグリフ一覧表」をみていたらまたヒラギノの数ウェイト重ね表示が掲載されていて「ふむぅ」と思ったわけでして、
 というわけでリュウミンのL、R、M、B、H、Uを重ねて表示。

b0062477_16443564.jpg


 OTF(OpenTypeフォント)搭載のWindowsマシンで作業。Adobe Illustratorで6ウェイト重ねて、面を白ヌキ&線を極細(単位は忘れました)で表示。(以前同様の画像を作ったことがあって、そのときはわざわざアウトライン化していたものの、よく考えたら必要ないと気づいた今日このごろ。まあ厳密には処理が違うわけですが)

 で、こちらはヒラギノ明朝。
 こちらは上述の見本を、600dpiでスキャンして不要部分をサイズとか解像度とか色々なモノを削って出来上がり。
b0062477_16591682.jpg


 なにが違うって、哲学が違うのですなぁ。
 たぶん。

 ヒラギノ派(いるのかそんなの)に言わせればこのスケーリング(? たぶんちがうコトバ)で充たされたファミリー構造が快適なのでせうし、いっぽうリュウミン派は「単純な太/細ではないウェイト間の相関関係」がリュウミン・ファミリーの真骨頂と言うのでしょう。
 ……そういうふうに語る人をみかけたことがないのですべて妄想ですが。

 まあ、こうしてみてみると、書体ファミリーの位置づけが分かりますね。
 そしてリュウミンUはなんだか仲間はずれ。浮いてます。急に太くなっている&線の位置が移動している、というべきでしょうか。Hとの間にもう一人(ヒトぢゃない)欲しいところです。
[PR]
by fezn | 2005-04-23 23:44 | Typeface

ウラベ(浦辺ではない)を巡る観察

 というわけで(どういうわけだか)ATMフォントを使ってみる今日このごろ。
 はて。モリサワの教科書体は無いものの、楷書は有ったはずだけどなぁとなむ考えながらup。
b0062477_9573781.jpg

 ……書体名を入れる位置が根本的に間違ってる気がしてきましたが。

  1. osaka ゴシックの構造について詳しければ分かるカモ。でも基本的に無理。
  2. じゅん101 これはむずかしひ。
  3. リュウミンB 明朝体が「どう書く」ものか分かれば判断つくかと思われます。
  4. 新ゴB うわ。
  5. JTCナミキ教科書体 なんとか分かる、のかなぁ。僕は無理。
  6. DFP華康楷書体 うわ無理。まーこの書体は漢字と和字のボディサイズが結構違うので、ワカってる人にはワカるのでせう。


 校正のプロの中には、ゴシック体の「二(漢数字)」と「ニ(カタカナ)」を見分けてしまう人もいるから凄いなぁとなむ思います。

 「ウラベ」を仮名漢字変換してみると分かりますが、卜部だったり占部だったり。もちろん浦辺浦部とか、なかには浦邊もありますが。卜部はうらなうひとなわけで。きっと古い家なのでしょう。
[PR]
by fezn | 2005-04-04 23:56 | Typeface

うらうら。

 一昨日、ある印刷物をつくるための校正紙チェックしていたら、ウラベがトベになっていて大変。
 卜部。
 ト部。

 ちなみに上が正しくて、下がカタカナの「と」。
 表示させる環境によって全く異なってくると思いますが、MSゴシックとかだとなかなか難しいのではないでしょうか。
 当該印刷物はリュウミンのR-KLだかL-KL。
 なので紙に出力してみて確認。まいですくとっぷましんハ仮想書体環境ニテ画面上デハ確認できませぬゆえに。(隣のデスクにあるMac使えよとか却下)いや実際には、オペレーターさんに分かるように添付するために、なのですが。

b0062477_15262178.jpg


 左列上から
  1. リュウミンL-KL
  2. リュウミンR-KL
  3. リュウミンM-KL
  4. リュウミンB-KL

 同じく右列
  1. リュウミンH-KL
  2. 太ミン A101
  3. 見出しミンMA31

 となっています。

b0062477_15471125.jpg


 リュウミンB-KLで部分抽出。
 ……ATMフォントのスクリーンショット使えよ自分。200dpiのスキャンぢゃなくて。(自主ツッコミ)
 いや、まあ実際必要だから出力したものの再利用ですので……(自主弁護)

 トと卜は違うんですねぇ。当たり前のようですが。
 ということはつまり、漢字とカナが異なるということであって。
 本来、同じカタチなのだから区別つかなくてもおかしくないですのに(手書きなどだと、そうですよね)。
 その、構造が異なるわけで。
[PR]
by fezn | 2005-04-01 23:17 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧