RIPはEPS孤立点がお好きでない。あるいは、組版ソフトからのPS出力確認だけでは気づけないという話。[改]

(2008.01.29 正午ごろ初出。→同日21:00ごろ、改訂)


※“網掛”が消えるエラーについて

【概要】
図版中の、網掛部分が無くなる。
(=グレーであるべきものがシロになってしまう)

【詳細】
 EDICOLORに配置した Illustrator EPS ファイルに
 多数の「長さゼロのパスオブジェクト」が含まれているために(←と思われる)、
 ・EDICOLORからのプリント……問題なし
 ・Adobe Reader で画面表示……問題なし
 ・PDFをPostScriptプリンタ出力……網掛が消える
  →恐らく、セッターからの出力も、PostScript印刷と同様。

※網掛を表現するために、多数の「長さゼロ、太さ1ptのスミ100%、のパスオブジェクト」を「スウォッチ」に登録して、それを6つ(orそれ以上)の図形オブジェクトに「塗り」として使用している。

※この「長さゼロのパス」について、初出時は「孤立点オブジェクト」と表記していました。まちがいでした。訂正します。

【経緯と解決法】
→EPSファイルを分割してみる。
 (「1枚のEPS画像に、一つの図」を6つ並べる)
 →ダメ。
 (「1枚のEPS」に含まれる個数が問題なのではなく、
  EDICOLORにおける1頁の紙面全体、が原因の模様)

→クリッピングパスを多用してみる。
 (「複雑なパスオブジェクトにスウォッチ」が原因かと思ったので。)
 (→「スウォッチは単純な円ないし矩形に適用」+クリッピングパス)
 →途中まで、巧くいく。
 (PDF化してプリントしてみても、
  すべての部品に網が乗っている状態)
  ※この時点では、要らない実験用図形も複数配置している。
 →最後に、必要以外のオブジェクトを消去
  →必要なオブジェクト(さっきまで網が乗っていた)が、
   元通り「白い状態」に。

→各画像を分割して、
 Illustratorのデータ書き出し機能で、高解像度TIFF出力。
 →それをEPS化して、EDICOLORに貼り、PDF化
  →画像の右端が欠ける(座標の問題?)

→(上記の応用):
 Illustratorで、背後に白い枠を作ってから、
 データ書き出し機能で、TIFF出力。
 →それをEPS化して、EDICOLORに貼る。
  →PDF化 = OK

※あるいは、
 「パスの孤立点オブジェクト」をやめて、
 「ミニマムな円オブジェクト」にすれば解決するかもしれないが、
 まったく同じ網点表現に作り直すのが難しいので回避。

b0062477_11251142.jpg


というか本当の問題は「時間」。
「とりあえず入稿せねばならない」を優先したのでこの方法。
本当はこんな手は取ってはいけませんよねぇ……。
次までに、IllustratorEPSのままできちんと出力できるようにしておかねばなりません。
(というか図版作成する人が孤立点乱打を避けていただければいいのかな?)



公レポ第二稿を下にentryしたため、これを逆輸入して第三稿にする予定。



(2008.1.28. 21:00ごろ追記)
★補記★

初出時、「長さゼロのパスオブジェクト」を「孤立点オブジェクト」と書いていました。えーとイイワケすると、質問した相手であるところのMac使いの人が「孤立点」って言ってたのでそのまま「孤立点って『塗り』設定できたっけ? でも確かにできてるっぽいし。なるほど」と思ってそこまで検証していませんでした。はふぅ。

[図版 sample03.jpg]
Aが、当該のブツ。
Bが、円オブジェクト。
A+は、Aを引き延ばしたもの。
「変形」で数値を打ち込んでも大きくならないので、てっきり孤立点だと思いこんでしまいました。(そう言われたゆえでもある。)
b0062477_21184659.jpg



※初出時、
《第2段落》
誤>「孤立点オブジェクト」
正>「長さゼロのパスオブジェクト」

《第3段落》
誤>「アンカーポイントのみ+一定の面積のスミ100%、の孤立点オブジェクト」
正>「長さゼロ、太さ1ptのスミ100%、のパスオブジェクト」

以下同。
[PR]
by fezn | 2008-01-29 21:20 | DTP


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧