機種依存文字をEDI外字に変換するスクリプトの控え。

というわけで(←例によって受け元の文章が無い)先週使用したsedスクリプト。

いつも使ってるやつに、丸付き数字の21から100番を追加しただけですがー。
これ、もっと他のも入れて保存しておいたほうが良いやもしれず、まあその意味も込めて公開のところに貼っておく次第です。
元の元は、西谷能英氏の『出版のためのテキスト実践技法』を参考にしています。

たしか、この本にあった機種依存文字の置換スクリプトを元に、EDICOLORの外字タグになるようにしたり改造したり追加削除したり。だから「時計数字」ってぇのは僕ではなくて氏の用語法。僕はローマ数字と呼びますがこの呼び方にも問題があったり無かったり。

で、そのスクリプトは
未來社アーカイヴ:SED用スクリプト一覧
http://www.miraisha.co.jp/mirai/text/sed.html

に載っている分だと思ったのです、が、
……?
「時計数字」とかが見あたらないのはなぜでせう?

記憶違いだったかなぁとか思いつつ。まあそんな感じで。
(元々3年ぐらい前にまとめたもので、しかも繰り返し編集しているので、経緯がかなり記憶不鮮明。)


#機種依存文字を含む特殊記号類を、IWA外字を指定するEDICOLORタグに。
#(1)~(20)
s/(1)/<CODE NUM=343A>/g
s/(2)/<CODE NUM=343B>/g
s/(3)/<CODE NUM=343C>/g
s/(4)/<CODE NUM=343D>/g
s/(5)/<CODE NUM=343E>/g
s/(6)/<CODE NUM=343F>/g
s/(7)/<CODE NUM=3440>/g
s/(8)/<CODE NUM=3441>/g
s/(9)/<CODE NUM=3442>/g
s/(10)/<CODE NUM=3443>/g
s/(11)/<CODE NUM=3444>/g
s/(12)/<CODE NUM=3445>/g
s/(13)/<CODE NUM=3446>/g
s/(14)/<CODE NUM=3447>/g
s/(15)/<CODE NUM=3448>/g
s/(16)/<CODE NUM=3449>/g
s/(17)/<CODE NUM=344A>/g
s/(18)/<CODE NUM=344B>/g
s/(19)/<CODE NUM=344C>/g
s/(20)/<CODE NUM=344D>/g
s/(21)/<CODE NUM=344E>/g
s/(22)/<CODE NUM=344F>/g
s/(23)/<CODE NUM=3450>/g
s/(24)/<CODE NUM=3451>/g
s/(25)/<CODE NUM=3452>/g
s/(26)/<CODE NUM=3453>/g
s/(27)/<CODE NUM=3454>/g
s/(28)/<CODE NUM=3455>/g
s/(29)/<CODE NUM=3456>/g
s/(30)/<CODE NUM=3457>/g
s/(31)/<CODE NUM=3458>/g
s/(32)/<CODE NUM=3459>/g
s/(33)/<CODE NUM=345A>/g
s/(34)/<CODE NUM=345B>/g
s/(35)/<CODE NUM=345C>/g
s/(36)/<CODE NUM=345D>/g
s/(37)/<CODE NUM=345E>/g
s/(38)/<CODE NUM=345F>/g
s/(39)/<CODE NUM=3460>/g
s/(40)/<CODE NUM=3461>/g
s/(41)/<CODE NUM=3462>/g
s/(42)/<CODE NUM=3463>/g
s/(43)/<CODE NUM=3464>/g
s/(44)/<CODE NUM=3465>/g
s/(45)/<CODE NUM=3466>/g
s/(46)/<CODE NUM=3467>/g
s/(47)/<CODE NUM=3468>/g
s/(48)/<CODE NUM=3469>/g
s/(49)/<CODE NUM=346A>/g
s/(50)/<CODE NUM=346B>/g
s/(51)/<CODE NUM=346C>/g
s/(52)/<CODE NUM=346D>/g
s/(53)/<CODE NUM=346E>/g
s/(54)/<CODE NUM=346F>/g
s/(55)/<CODE NUM=3470>/g
s/(56)/<CODE NUM=3471>/g
s/(57)/<CODE NUM=3472>/g
s/(58)/<CODE NUM=3473>/g
s/(59)/<CODE NUM=3474>/g
s/(60)/<CODE NUM=3475>/g
s/(61)/<CODE NUM=3476>/g
s/(62)/<CODE NUM=3477>/g
s/(63)/<CODE NUM=3478>/g
s/(64)/<CODE NUM=3479>/g
s/(65)/<CODE NUM=347A>/g
s/(66)/<CODE NUM=347B>/g
s/(67)/<CODE NUM=347C>/g
s/(68)/<CODE NUM=347D>/g
s/(69)/<CODE NUM=347E>/g



#○つき数字
s/①/<CODE NUM=3122>/g
s/②/<CODE NUM=3123>/g
s/③/<CODE NUM=3124>/g
s/④/<CODE NUM=3125>/g
s/⑤/<CODE NUM=3126>/g
s/⑥/<CODE NUM=3127>/g
s/⑦/<CODE NUM=3128>/g
s/⑧/<CODE NUM=3129>/g
s/⑨/<CODE NUM=312A>/g
s/⑩/<CODE NUM=312B>/g
s/⑪/<CODE NUM=312C>/g
s/⑫/<CODE NUM=312D>/g
s/⑬/<CODE NUM=312E>/g
s/⑭/<CODE NUM=312F>/g
s/⑮/<CODE NUM=3130>/g
s/⑯/<CODE NUM=3131>/g
s/⑰/<CODE NUM=3132>/g
s/⑱/<CODE NUM=3133>/g
s/⑲/<CODE NUM=3134>/g
s/⑳/<CODE NUM=3135>/g

s/●21●/<CODE NUM=3136>/g
s/●22●/<CODE NUM=3137>/g
s/●23●/<CODE NUM=3138>/g
s/●24●/<CODE NUM=3139>/g
s/●25●/<CODE NUM=313A>/g
s/●26●/<CODE NUM=313B>/g
s/●27●/<CODE NUM=313C>/g
s/●28●/<CODE NUM=313D>/g
s/●29●/<CODE NUM=313E>/g
s/●30●/<CODE NUM=313F>/g
s/●31●/<CODE NUM=3140>/g
s/●32●/<CODE NUM=3141>/g
s/●33●/<CODE NUM=3142>/g
s/●34●/<CODE NUM=3143>/g
s/●35●/<CODE NUM=3144>/g
s/●36●/<CODE NUM=3145>/g
s/●37●/<CODE NUM=3146>/g
s/●38●/<CODE NUM=3147>/g
s/●39●/<CODE NUM=3148>/g
s/●40●/<CODE NUM=3149>/g
s/●41●/<CODE NUM=314A>/g
s/●42●/<CODE NUM=314B>/g
s/●43●/<CODE NUM=314C>/g
s/●44●/<CODE NUM=314D>/g
s/●45●/<CODE NUM=314E>/g
s/●46●/<CODE NUM=314F>/g
s/●47●/<CODE NUM=3150>/g
s/●48●/<CODE NUM=3151>/g
s/●49●/<CODE NUM=3152>/g
s/●50●/<CODE NUM=3153>/g
s/●51●/<CODE NUM=3154>/g
s/●52●/<CODE NUM=3155>/g
s/●53●/<CODE NUM=3156>/g
s/●54●/<CODE NUM=3157>/g
s/●55●/<CODE NUM=3158>/g
s/●56●/<CODE NUM=3159>/g
s/●57●/<CODE NUM=315A>/g
s/●58●/<CODE NUM=315B>/g
s/●59●/<CODE NUM=315C>/g
s/●60●/<CODE NUM=315D>/g
s/●61●/<CODE NUM=315E>/g
s/●62●/<CODE NUM=315F>/g
s/●63●/<CODE NUM=3160>/g
s/●64●/<CODE NUM=3161>/g
s/●65●/<CODE NUM=3162>/g
s/●66●/<CODE NUM=3163>/g
s/●67●/<CODE NUM=3164>/g
s/●68●/<CODE NUM=3165>/g
s/●69●/<CODE NUM=3166>/g
s/●70●/<CODE NUM=3167>/g
s/●71●/<CODE NUM=3168>/g
s/●72●/<CODE NUM=3169>/g
s/●73●/<CODE NUM=316A>/g
s/●74●/<CODE NUM=316B>/g
s/●75●/<CODE NUM=316C>/g
s/●76●/<CODE NUM=316D>/g
s/●77●/<CODE NUM=316E>/g
s/●78●/<CODE NUM=316F>/g
s/●79●/<CODE NUM=3170>/g
s/●80●/<CODE NUM=3171>/g
s/●81●/<CODE NUM=3172>/g
s/●82●/<CODE NUM=3173>/g
s/●83●/<CODE NUM=3174>/g
s/●84●/<CODE NUM=3175>/g
s/●85●/<CODE NUM=3176>/g
s/●86●/<CODE NUM=3177>/g
s/●87●/<CODE NUM=3178>/g
s/●88●/<CODE NUM=3179>/g
s/●89●/<CODE NUM=317A>/g
s/●90●/<CODE NUM=317B>/g
s/●91●/<CODE NUM=317C>/g
s/●92●/<CODE NUM=317D>/g
s/●93●/<CODE NUM=317E>/g
s/●94●/<CODE NUM=3221>/g
s/●95●/<CODE NUM=3222>/g
s/●96●/<CODE NUM=3223>/g
s/●97●/<CODE NUM=3224>/g
s/●98●/<CODE NUM=3225>/g
s/●99●/<CODE NUM=3226>/g
s/●100●/<CODE NUM=3227>/g






#時計数字(大文字)
s/Ⅰ/<CODE NUM=0191>/g
s/Ⅱ/<CODE NUM=0192>/g
s/Ⅲ/<CODE NUM=0193>/g
s/Ⅳ/<CODE NUM=0194>/g
s/Ⅴ/<CODE NUM=0195>/g
s/Ⅵ/<CODE NUM=0196>/g
s/Ⅶ/<CODE NUM=0197>/g
s/Ⅷ/<CODE NUM=0198>/g
s/Ⅸ/<CODE NUM=0199>/g
s/Ⅹ/<CODE NUM=019A>/g



#時計数字(小文字)
s/ⅰ/<CODE NUM=01A1>/g
s/ⅱ/<CODE NUM=01A2>/g
s/ⅲ/<CODE NUM=01A3>/g
s/ⅳ/<CODE NUM=01A4>/g
s/ⅴ/<CODE NUM=01A5>/g
s/ⅵ/<CODE NUM=01A6>/g
s/ⅶ/<CODE NUM=01A7>/g
s/ⅷ/<CODE NUM=01A8>/g
s/ⅸ/<CODE NUM=01A9>/g
s/ⅹ/<CODE NUM=01AA>/g



#会社記号類
s/㈱/<CODE NUM=01F1>/g
s/㈲/<CODE NUM=01F2>/g
s/㈹/<CODE NUM=01FE>/g
s/㊤/<CODE NUM=0223>/g
s/㊥/<CODE NUM=0224>/g
s/㊦/<CODE NUM=0225>/g
s/㊧/<CODE NUM=0226>/g
s/㊨/<CODE NUM=0227>/g



#単位関係
s/㍉/<CODE NUM=0120>/g
s/㌢/<CODE NUM=0121>/g
s/㌔/<CODE NUM=0122>/g
s/㍍/<CODE NUM=0123>/g
s/㌘/<CODE NUM=0126>/g
s/㌧/<CODE NUM=0128>/g
s/㌃/<CODE NUM=0129>/g
s/㌶/<CODE NUM=012A>/g
s/㌫/<CODE NUM=012B>/g
s/㍑/<CODE NUM=012C>/g
s/㍊/<CODE NUM=012D>/g
s/㌍/<CODE NUM=0130>/g
s/㍗/<CODE NUM=0131>/g
s/㌦/<CODE NUM=0132>/g
s/㌣/<CODE NUM=0133>/g
s/㌻/<CODE NUM=0134>/g

s/㎜/<CODE NUM=0101>/g
s/㎝/<CODE NUM=0102>/g
s/㎞/<CODE NUM=0103>/g
s/㎡/<CODE NUM=0106>/g
s/㎎/<CODE NUM=010A>/g
s/㎏/<CODE NUM=010B>/g
s/㏄/<CODE NUM=010C>/g





(2006.10.02.追記&変更)

当初「あ。「<」と「>」は半角に変換してご使用くださいませー。」と書いたのですが、コメント欄にて2006.09.15.にCLさんのいわく、
Commented by CL at 2006-09-15 22:01
<を&lt;と表記したらダメなん?

同日、鉄亜鉛のいらえていわく、
Commented by fezn at 2006-09-15 22:43
思い出せなかったので……。
(調べるのが面倒だったので。)
(手元にメモや本が無かったので……)

ではあるものの、自分であとで使う段でも面倒が増えるだけだなぁと思いまして、エントリ修正しました。
「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と書き換えました。
そうすると表示モードでは、そのままコピペしただけで使える筈です。
たぶん。

※これこそスクリプトとかバッチファイルの出番じゃないですか。掲載用文字列を得るための一括処理。
s/</&lt;/g
s/>/&gt;/g

てな感じ? (試してません)

掲載用にHTML変換するやつは僕の場合「ひまわり」を使ってますので、このあたりはまた後日。
[PR]
by fezn | 2006-09-15 12:36 | Script


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧