編集尺『回天編』完成品の入手方法と、悪い報せ

(2006.07.06追記:)7/6用出荷(?)分の「version1.0.0」は、このエントリ内にあるように若干問題があり、7/7以降用はそれを修正した「version1.0.1」に入れ替わる予定です。既に「1.0.0」を入手済みの方向けの補足を、こちらと公式のほうで打つ予定です。(カッターナイフか砂消しゴムで削るだけですが)
あとアイテム名は「編集尺」で、『回天編』は“制作ストーリー”第4話のサブタイトルです。



FeZn/Bookmark今年の最大?の企画、「編集尺」の話のクライマックス。
僕が個人的に欲しいなぁと思った「全部入り」編集ツールinポケット。
最初の構想は1年か2年前。製作に入ってから3か月。
その間に幾度も姿を変え、さらには新たな役割を帯びるようになりました。

自分で作っておいて言うのも何ですが、従来のデジタルFeZnWareよりも遙かに「使える」ツール、いわばアナログFeZnWareです。
(※このエントリのみにいらっしゃる方の場合、ご存じないことが多いでしょうけれど、Wikipedia専用テキストエディタ「FW_Wikipeditor」を作ったりしていました。これまた諸般の事情で未完成のまま停止中ですが……)

その編集尺が、手に入ります。たぶん or 場合によっては。
……ただし、問題がいくつか。

前回のエントリはこちら。
編集尺『迷走編』/version0.3~0.4、新メモリと両面化、そして量産。
http://fezn.exblog.jp/5182098/


最初の計画では、2か月ぐらいかけて途中経過を順次書いていこうと思っていたのですが、そうこうしているうちに時は矢のように過ぎていきます。
そのため、途中のバージョンを解説付きでupしつつ、コメントetc.で意見をいただいたらそれを反映していく……という計画があったのですが、諸般の事情で出来ませんでした。多忙とか諸々。

結局、v0.3で導入した積層型複合目盛りはボツということで、代わりに視覚的&直感的にサイズの関係が把握でき、かつ数字も分かるような機能をつけました。

mm尺に代表的なポイント値を書き込む方式は、可読性を下げるだけなので廃止しました。
で、その代わりに「x4ptメモリ」を導入したわけです。
読み方は「えっくす・ふぉー・ぴー・てぃー」でも「ばい・ふぉー・ぽいんつ」でもOKです。1目盛りが4ポイント、つまりmm尺で級数を測るのと同じ方法でポイント数が出せるというシロモノ。
いやシンプル極まりないものですけれどね。
ここにも山形メモリを採用。

…………まあしかしながら、あとから考えれば途中のバージョンも高解像度の画像で公開していけば良かったなぁと思うのです。
PrintPort:携帯用編集ツール開発プロジェクト
http://print.johf.com/log/20060630e.html
(※このエントリに追記あり)などでも取り上げていただいていますし。

というのはー。
なんと。
さきほど、一箇所間違いを発見してしまったためです。
カッターナイフや砂消しゴムで削れば消えるんですが。
むぅ。
発見したのは量産した後でなのです。まさに「ぎゃふん」。

裏面にポイント単位の罫線スケールを配置したのですが、その中にミリ単位の罫線が一本、紛れ込んでしまいました。
試用&校正で気づかなかったのですね。あまり使わないからか……



……で。それはさておき、良いほうの(?)発表。
というか既に悪い報せの中で書いていますが、「量産しました」。

b0062477_23571340.jpg


どん。どどん。

上がってきたのが昨夜で、それまでは計画を実行できる、かどうか未定だったので、当初曖昧な書き方をしてしまいました、が、実行します。
TIBF2006の会場にて、
販売
ではなく、
差し上げます。無料プレゼント実施。

東京国際ブックフェア2006
http://www.reedexpo.co.jp/tibf/home/index.html


というか、もう会期は明日からじゃないですか。
それも、もうすぐ日付が変わりますし。
「実施します」というよりは「実施中」といった感じですね。

某社のブースで配布予定です。
「編集制作プロダクションフェア」の中にありますので、探してみて下さい。
編集プロダクション、それも、首都以外にあるところとしては、例外的な規模の人員を抱えているところなので、ことに「ある特定分野」の中ではそれなりに知られていたりします。「企業」としては小さなところですけれど。まあ業界が業界ですし。
(人数:平均というのが不明ですが、多分10倍 or more ではないかと。まあ個人でやってらっしゃる方も多いせいですが)
ちなみに、編集尺の配布元としては、社名はベタ過ぎるぐらいベタです。
情報は近日中に同社のウェブサイトにも掲載予定です。


今回のキャンペーン、
編集尺は、無料です。
その代わり、仕事をください。(←おい!)
簡単で楽で長納期で高価格のものを。(←待テ!!)

用紙は「ピーチコートWGA-270」というポリスチレンベースの特殊紙に、さらにポリエスチン・コーティング(複雑ですがこれは「ポリスチレン」とは別。)を施してあり、水に濡れても概ね大丈夫です。
印刷方式は書籍本文に用いられることの多い平版オフセット印刷ではなく、スクリーン印刷(インキの種類を選ばない、プラスチックや金属にも刷れる)を使用しています。そのため量産(印刷&加工)に時間がかかり、ギリギリになってしまった……りもしました。

『編集尺』v1.0 機能一覧
  1. センチメートル定規 兼 簡易級数表(後半のみ0.5mm尺)
  2. 級・ポイント 対照表
  3. 網点スケール
  4. 「級」「ポイント」「ミリメートル」「インチ」換算式
  5. 用紙寸法表
  6. 罫線スケール(mm)
  7. インチ定規 with cm定規
  8. 「x4pt」目盛り(簡易ポイント数表)※「4字幅=ポイント数」
  9. 用紙取り倍数関係の模式図
  10. 封筒サイズ&用紙サイズ模式図
  11. 罫線スケール(pt)  ← ここに「1.2mm」罫線が混入


印刷データ
  • 用紙:ピーチコートWGA-270(TAKEO)
  • 印刷方式:スクリーン印刷
  • 線数:175線
  • 色数:2色(スミ版および特色版=DICカラー237)
  • 両面ポリエスチン加工
  • 使用書体:新ゴ・Futura Condensed・Georgia


※これ以外の入手方法も、考えていないではないですが、現実問題としては全く未定です。

※「無料」=「大規模ベータテスト」というわけではありません。……実質的にそうであっても……。
 個人的には「先ず自分が欲しい」ところからスタートしましたし、会社としては営業ツールですし。

というわけで、会場でお会いしましょう。
カードと。
僕自身は、行けなさそうな気がします。




というかイベントの前日に発表ってどう思うかね。→自分。
前日というか、ほぼ「当日」。
[PR]
by fezn | 2006-07-05 23:58 | Stationary


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧