編集者のための定規/薄くて便利で小さくて/モノサシで簡易級数表

なんだかまとまりの無いタイトル。

さて昨今はセミナーとか行ってきたりして、そのレポートも書こうかなとは思いますが、まず給料元に提出するほうを書きつつあり、しかし全然終わらないので現在諦念と戦い中です、はい。

さて一方、僕のポケットに忍ばせるツール類、その2(か、3?)なのですが、こんなカード。
b0062477_0391216.jpg

シンワのサイトにある「クラックスケール・カードタイプ」700円)
80mmの定規と、罫線スケールが一体になっています。

しかも頑丈(たぶん踏んでも大丈夫でしょう)。
しかも0.5mm目盛り。

これ、本来は「クラックスケール」で、シンワの製品で建築系アイテムなのをハンズで見つけて買ってきた次第。
編集とかDTPの人も、同社の30cmとか100cmとかの定規は使ってますよね。
それらと同様の仕様で、15cmで、裏に罫線スケールが入ったタイプもあるのですが、やはり財布や胸ポケットに収まるサイズというのは非常に便利です。

と申しますのは、僕の場合スーツを着て仕事(中でも外でも)しているわけではないので、使えるポケットの数とサイズに限りがあります。
その一方で仕事の内容上、常にすぐ使える位置に「メモ」「スケジューラ」「ペン(三色ボールペンとか)」「カッターナイフorハサミ」「電卓」「定規」「級数表」「級:ポ換算表」「罫線スケール」「網点濃度スケール」「ルーペ」「カラーチャート」などなどが欲しいわけです。(これらについて、このWeblogの「Stationary」カテゴリで詳述していく予定です。)

そして立ち歩く以上は、それらすべてが携帯できていたらいいなぁ……という願望。
あるいは無謀。

A列・B列などの洋紙寸法は、暗記しておきませう。
基本の数字を覚えて、あとは2倍4倍。
本当は三五判とか菊判とかの寸法も暗記したほうがプロっぽいとは思いますものの、僕の仕事では必要性がさほど無いのでした。


で、このシンワ製のクラックスケールは短い線分ならば、ペンで直線を引いたり切断したりするガイドにもなりますし、そもそもmm定規は級数・歯送り表の代替として一応は使用可能なわけです。

ご存じない方の為に(←偉そうだなコラ)解説しておくと、
1級は4分の1mm(0.25mm)ですので、
4級=1mm になります。
そのため、たとえば20級の漢字のボディ・サイズは5mm
したがって20級の漢字×4字分の長さは20mm
ということになります。
よって、4字を測って「14mm」なら「14級」、「26mm」なら「26級」というわけで。

かな&漢字1文字だけでは、仮想/実ボディのサイズを正確に知ることは困難というか事実上不可能なため、5mmを測って20級という数字を出すことは困難ですが、
4文字(8、12、16文字でも構いませんが計算が発生するので面倒)ならば、漢字の“頭と頭”あるいは“センター(中心)とセンター”を始点&終点にして、一般的な文字サイズに対しては事実上正確に、長さを得ることができます。

無論これは和文正体ベタ組み専用で、かつ見出しetc.における手作業の加工が入っていると厳しいのですが、そこは経験で補正したり……。
(平体・長体の場合、それぞれタテやヨコの「元のほうの長さ」を参考にできたりもしますが、これもツラいですね。)

mm尺のモノサシ一本あれば、級数表がなくともQ値をゲットできるわけです素晴らしい! まあ透明の級数表と較べてしまうと使いづらいですけれど。
……いや、この「4文字mm=級数」メソッドは、キャリア数十年のベテランの方に、編集1年生か2年生のころに教わったのです。
つまり、受け売り。

で。
このメソッドを応用して「2.8文字分(※)を測ってポイント数を割り出す」とか色々考えたのですが、文字数を小数点以下なんて、ちょっと非現実的なので「4文字mm=級数」→「それを換算式でポイント数に」という方法のほうがマシでしょう、たぶん。
(※……2.8字じゃないかも。計算し直すの面倒なので放置。)

というわけで、このカードは編集作業に必携のアイテムとして使えるので、胸ポケットに忍ばせる次第です。
なんといっても、これには普通の定規には無い「罫線スケール」までついているワケですから! (これを級数スケールの補助としても使えたり。)

……もっとも、罫線スケールではなくて、あくまでも本来は「クラックスケール」すなわち建造物などに生じた割れ目(クラック)の幅を読み取るためのもののようです。そのため、印刷物で使うようなものとは、罫線(←だから違う)のラインナップが異なるので、若干そのあたり使いづらくはあります。
※カード式になっている罫線スケールや、DTP関連の本の巻末についている附録を見ると、ラインナップの揃え方の差異が判ります。


また、mm尺のモノサシが実際には「0.5mm」になっているという点は、肉眼で『活字寸法』や『紙面上の組版要素のサイズ』を測るには、いささかならず不向きです。
無論それらの用途には、「ルーペ」+「0.5mm目盛り」が必要になることもあるのですが、これはカッターナイフで刻印を削り落としたほうが良いのではあるまいかと思えてしまうところ。

……これらの問題点については、いろいろ考えた結果、僕なりのアイディアが出てきました。
それは次回のエントリにてup予定。

そんなのいらねー、建築用で良いのじゃ! という方は、東急ハンズとかネット通販とかで入手可能だと思います。


シンワ測定
http://www.shinwasokutei.co.jp/japanese/about.htm




というか、もっと便利な方法とかが判明すると僕は助かります。ご存じの方はご教示いただければ幸いです。
……それは次のエントリおよび、水面下で動いているその関連の計画を瓦解させてしまうのですが。


それ以前に、計算まちがってないですよね今日の記述。
少々ならず眠いので……。



(2006.06.30追記)
http://fezn.exblog.jp/5149520/に続く。
[PR]
by fezn | 2006-06-29 23:52 | Stationary


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧