FAX経由、高圧縮PDFらしきもの。

はてさて、鉄と亜鉛は古今未曾有(←大袈裟か)の多忙状況続行中にて、気分はまさに週刊誌。

週明けに出社して週末に帰宅すると移動時間が節約できるというヤバい事実に気づいてしまった今日このごろ。
なんとか若干手が空いて、ニュウスを見ていると面白そうなことをやっているので、いろいろ調べてみたり。

僕は「いま世間全体で話題のこと」とか、あまり書いたりしないのですが、音引きの長さとか、MSPゴにおける「堀」と「掘」の字の右側の構造、という話とかが気になったので。

いま「与党の悪徳の極みなり」「いやデツゾウに過ぎぬ!」とか話題のPDFファイル「20060217234304.pdf」について。
(※捏造って本当はデツゾウと読むそうですが、辞書でもネツゾウだからネツで良いような気もします)

(数年後に読み返す自分とかのために書いておくと)21世紀トリックスター堀江貴文氏(捕まった)が自民党武部幹事長の息子に現金を都合した、というような話らしく、民主党の人がそれを糾弾していたのですが、一夜明ければ「ガセとちゃう?」とか「ガセとはなんだ」「辞書で調べました」とか妙な議論で。


(参考URL)
asahi.com: 民主、黒塗りコピー公表 双方が懲罰動議も メール疑惑-政治
http://www.asahi.com/politics/update/0217/006.html

野田国対委員長、緊急記者会見を開催し、堀江メールを公表(民主党公式サイト)
http://www.dpj.or.jp/news/200602/20060217_15noda.html

大佐blog in ニュー速:民主党が公表したメールに不審な誤字??「シ―クレット」
http://blog.livedoor.jp/oisa25012/archives/50411574.html

圏外からのひとこと 避難所 - 永田議員はハメられた!
http://d.hatena.ne.jp/essa/20060218/p1



いわく
「音引きがダーシでは?」
「ヘッダ情報内に半角と全角が混ざってるのでは?」
「堀が掘では?」
とか。

「らしいよ」で語るのは人類学者的ではないし、編集者の態度としても宜しからずのことですので、さっそく実物を見てみませう。

↓そのPDF。
http://www.dpj.or.jp/faxnews/pdf/20060217234304.pdf

で、このPDFのプロパティを見ると、Applicationが「Canon」でPDF Versionが1.2となむ。ver1.2ということはAcrobat3.0互換ってやつですか。
Acrobat3Dではありません。

画像の状態とか、この属性情報を見るに、FAXで受け取ったものを、キヤノンのコピー/FAX/スキャンの複合機で2006年02月17日23時43分04秒に取り込んで、キヤノンご自慢の「高圧縮PDF」にしたやつだと思いますゆえに、似た条件で再現してみやうかと思った次第。

(プリントアウトをそのままスキャニングしてPDF化してみたところ、綺麗に出過ぎたのでFAX経由かなぁと。ただ機種が違うので断言はできませんが)

MS Pゴシックで同じ文章を打って、FAXで自分に送って、キヤノンの複合機でPDF化してみたり。
ただし僕が今回使わせて貰った機械で作ったPDFだと、プロパティに機種名が入ったりPDF Versionが1.3になってたりするので、そのあたりの条件も異なる模様。こっちのほうが新しい機械なのでしょうか。

図版1。
ほぼ同様にMS Pゴシックで打った文章全文をスキャンしたのですが、割愛。

図版2。
b0062477_1828159.jpg

上段がホンモノで、下段がニセモノ。
書体は一致してる模様。MS Pゴシック
「31」のところの字送りが違いますか。字形も?

図版3。
b0062477_18281819.jpg


堀江。
左がホンモノで右がニセモノ。
んー。確かに掘ってるっぽい気配もあります。

ま、そうでなくても左のスミの塗り方は怪しさ爆発ではありますが。


図版4。
b0062477_18283218.jpg


シークレット。
これは少し太さが違って出ている気配もあって微妙なところ。
ん。読点の角度が微妙に違う?

そして僕の打ったほうは、ダーシではなく音引きを使ってあります。

↓念のため、自分宛に送ったメールをCopy&Paste
シークレット・至急扱いで処理して欲しいんだけど、おそくても31日
できれば、29日朝までに〓さん宛てに3000万円を振り込むよう手配
してください(前回、振り込んだ口座と同じでOK)。


この部分については、音引きでない、という証拠はなく。


……ダーシで打った例を入れて比較しないと意味無しぢゃん!


まあ、下記

音極道茶室: 堀江被告送金指示メールがガセだと思う4つの理由
http://www.virtual-pop.com/tearoom/archives/000134.html
にあるように
直線がこれだけ歪む様なFAX文書を元に、「堀」の造りの微妙な凹凸や、プロポーショナルフォント「e」の半角全角を見定めて断言するのはちょっと危険だ。


ただ、最後の署名で「堀」の左半分が消されてるのは、明らかに違和感があるし、その点については誤字である可能性は高いと思う。EudoraのMac版だという指摘も唸った。こういう時の2ちゃんはスゴイというのは同意。



404 Blog Not Found:「堀江メール」の真贋鑑定
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50377904.html
では、字形とかの話はヌキ。文章とかメールのヘッダとかの切り口。
こちらは御本人が(旧)オンザエッヂの方。
(関係ないんですが、以前ここのコメント欄でまたしてもあの名前を発見したりして吃驚したり。)

 こういう視点が要るのではないかと思いました。

……わざと誤字のメール文面のプリントアウトを作って、
それを塗りつぶして、
与党を嫌いな人のところに持ち込んだらどうなるのかなぁ、

とかそんなことを考えたりしました。ふむ。







投稿直後に追記。
とかメールのヘッダとか
(旧)
こういう視点が要るのではないかと思いました。



いちおう用意しました。
b0062477_19361230.jpg

上から
1:「元画像」
2:「さっきも提示した、FAXしてからscanPDF」
3:「プリントアウトをそのままscanPDF」

1と3を比べると、おそらくFAXを通過したであろうことは推し量れます。
たぶん1と2では、FAXの状態が違う(通信モードor解像度?)と思うのでした。
完全に1そっくりな画像を作ろうにも、いまFAXはじめ同様の条件が使えないので、また今度とか言ってるうちに忘却すると思います。



FeZn/Bookmark : モリサワのG体と、スイスG体。(ちと違う)
http://fezn.exblog.jp/4258673/
に、続く。(続いているわけではありませんが)
[PR]
by fezn | 2006-02-18 18:28 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧