単漢字でなく、単語の中で。それから脳の話。

非営業マンのD.T.P&営業用メモ - 「の」の字。
http://d.hatena.ne.jp/jdash/20050925/1127656995

「的→の」も実は手書きで崩していて似るようになったことから、というのがあるんじゃないかと勝手に妄想してたりする鉄と亜鉛なのですが(たぶん実際は無関係)、当該の「職」の略字(ちょくちょく見かけますね)は
「手書きするときに簡略化する」であると考えられ、
「手書きするときに簡略化する、ことによって平仮名みたいになる?」のよりは広いカテゴリのところかなぁと思います。大阪市と、大阪府大阪市ぐらい。(←意味不明)

 たとえば「加奈」という女の人が、「かな」と署名するのは、たぶん漢字から平仮名に不連続のコンバートをしているのだと思う一方、そういった例の中には「さらさらと書くと平仮名っぽくなる」ものもあったりするようなないような。
(↑たぶん「大の」さんよりは関係ないですが)

「日本語だけれど、手書きするときに便利だから、大陸の簡体字を使う」
というものもあったり。これ、大学とかで、先輩から後輩へ、ノートのコピーとかによって伝承されたりしています。(当該学年に中国語を履修している生徒がいなくとも、上の学年で取り入れた人がいることによって、仮に中国語のクラスが開講されなくなっても続く、という構造)

「手書きするときに便利だから、独特の崩し字を使う」
という状況は色々ありますが、そういった講義ノートによって、本来個人のものである「独特の略し方」が、一定の範囲の文化集団に継承されていたりするわけです。
(ある意味全国も「一定の範囲の文化集団」ですが)

僕の知っている例だと、法学部のとかですね。字画の多い単語が頻出するので。人類学のところでも字画の多い単語は出てくるのですが、おそらく学部・学科の人数の少なさゆえに、そういった共通の略字・略記方法が伝えられていないのかもしれません。文化が伝承するには、ある程度の規模が必要というわけで。
(……僕が人のノートを借りなかっただけ、という説も)

ただし、その法学部の例というのは、教授自身が黒板にその略字・略記法で書いているゆえに、の伝承だったりもします。

さんずいに「写」は、見たことがない(と思う)のですが、交通標識はまた
「走行中の自動車からの視認性を高めるために、単語の中から字画を減らす」
例でこれまた面白いと思う次第です。

標識と、あとナンバープレートの独特の略字も、世の中にはそれぞれマニアな方がいらっしゃったり。

思い切って略された漢字は、単独では判読しづらいものだったりします。
それが、「標識」という紙面(←ちと違うか)の中で、前後の文字と併せて視覚に飛び込むときだと、なんの問題もなく読めたり。
養老先生とかの専門分野でしょうか。

僕が毎朝通る交差点は、僕が通る方向と、直行する方向では略し方が違います。これは太陽光の角度から、西日のまぶしさをを計算に入れているのです。(ウソ。いや今思いついたわけだけど、ひょっとしたら当たってるかもしれない。けど基本的にウソ)



ところで養老先生と言えば以前、脳にダミッジ(ダメージ)を受けたときの失読症に、日本人(日本語話者)だけ2種類のパターンがある、というのを読みました。
いわく、かな失読症と漢字失読症とか。脳の違う部分を使って認識しているとのことで。じゃあ仮名が登場するころの日本人はどのように脳で認識していたのかなぁとか。


いかん、ねむいですね。


関連して面白い例があった筈なのですが、また思い出したら。



http://fezn.exblog.jp/3568885に続く。というか、漢字の「魔」でした。「マ」。
[PR]
by fezn | 2005-09-30 02:13 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧