観光地に見るローマ字表記の揺れ&欧文字形選択とSMI

『欧文書体 その背景と使い方』。あれ以降まだ読み進んでいない鉄と亜鉛ですが、前半のほうにあった面白い話から連想。
「小文字」が、書きやすくするために生まれた話は知っていたものの、その経過であるところの「アンシャル体」ですとか、「日本だとディセンダのある文字を、無理にディセンダラインからベースラインに上げて使用している例が見られる」とか。

後者については、「横組み書籍の本文で、アンダーラインとぶつかるから、って場合かなぁ」となむ思っておりました。が。

で、唐突に竜王高原。長野県の。
「竜王」って、表記揺れになりますね。当然。
RYUO
RYUOU
RYUOH

で、そこのリンク集↓

宿泊情報・お問い合わせ
http://www.kitashigakogen.gr.jp/m-syukuhaku.html

から、色々たどってみると面白かったりしまして。

北志賀高原ホテル竜王
http://www.h-ryuo.com/

Ryuo。
ロア・ケースの「y」を、ベースラインを上げて使用してまふ。
「O」が小文字の字形か大文字の字形かは不明。あたりまえか。
こういう場合のことなのですね。
日本という文化の中での使用。
きっとこれは「y」をアッパーケースとして再定義して……
にしてはキャップ(ス)ラインが揃ってない、という話になるわけですが。

長野県北志賀竜王ホテルタガワ
http://www.hotel-tagawa.co.jp/

こちらではスヲッシュ付きの「G」。(あと、「T」もですね)
スウォッシュというと、ナイキのあのマークを想起する人が多いらしいですがそれは今回無関係。
近所でも看板で、こういう「G」を見かけました。

スウォッシュ付きの大文字のGを見ていると、どうして小文字のgはああいう形なのか得心が行きます。ただしブロック体の。
「メガネのg」(グラム表記はコレでなきゃ。)は、それとは別のところから。筆(というかペン)の動きをじぃっと見ていると、「ああなんだ、くるりと回ってるのか」となむ。

写研の見本帳を見てみると、「g」が違う文字盤が用意されてたりした模様。
アンパサンドが「閉じてる、閉じてない」と違って、理系の本とかだと少なくとも区別必要だったりするわけで。
……それでも最近は、「直線だけの l」で「リットル」としている本があったりして困惑。(慣れか? 慣れの問題なのか??)

EDICOLORに付いてくるSMI外字の「リットル」用の「l」は、美しくなくて大変。SMI外字PLUSのはOKだと思います僕の目には。(最近のverは、標準インストールだとPLUSしか入らなくて、新旧共存している環境から貰ったデータを開くときに「SMI外字がありません」と言われたり。ただし新verしか持って無くてもCD-ROM内のフォルダを漁れば入ってるので無問題の気配)
 ところで「SMI外字」は「すみがいじ」ではなく「えすえむあい外字」らしいっす。ついついスミって読んでしまいますが。

なんか話が脱線したまま終了。
[PR]
by fezn | 2005-09-12 22:29 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧