碍の字。/……名付けることにより我々は世界のコトをワケている。

全般的に、なんか多忙っぽくて、かつ文字関連は特に覚えるスピードが追いつかなくて大変な昨今。いま積み上がってる本を読み終えたら明治らへんのもチェックしたいなぁとなむ。あと、印刷博物館の本木昌造展の図録(というより連動本)ってどこで売ってるんでせう(ま、こんど上京したときに買えばいいか現地で)。

で、それはさておき、数千件たまってる未読フィードを少しだけ掘り起こせたり。で、たどって興味津々。

ゆうくんの部屋: 民主党は ×障害者 ○障がい者
http://yukun.cocolog-nifty.com/mortgage/2005/09/post_d59a.html
マニフェストで気になったのが「障がい者」という書き方です。自民党は「障害者」としています。

安易なオシゴトとしての言葉狩り
http://plaza.rakuten.co.jp/readmoretontoro/diary/200506180000/
先日の産経新聞コラム「産経抄」にちょっと面白い記事があった。詳しくはリンク先をご覧頂きたいが、要するに「障害者」という表記を「障がい者」と改めようという自治体の動きがあり、産経抄は費用対効果の点からそれに批判的な論調を書いた、ということである。


上記2つで紹介されているような、昨今の"お役所"の「障がい者」という交ぜ書きは、

  1. 「害」という字がいかんから、という思考停止的な安易な交ぜ書き
  2. 本来の字である「礙(碍)」に一旦戻し、それが難字だから、交ぜ書き

どっちなんでしょう。
……ま、前者だと思いはするものの、ひょっとして後者だったり?

ちなみに僕は交ぜ書きは好きではありません。
「すい星観測」「銀盤のよう精」とか、意味不明ですし。かつ漢字の利点を放棄してますし。(ある人に言わせると「国語審議会の陰謀」とか「一億総白痴化計画」とかだそうですが。)
くわえて、助詞とかと混ざるじゃないですか。(この例は漢字に挟まれているので違いますけれど。)
その点、一部の情報供給者(含むマスコミ)が使う、カタカナを使う交ぜ書きは、まだマシかなぁと思ったりします。
そこが地の文から浮き上がりますからね。

障碍と障害
http://www.nport.ne.jp/we/katsudou/other/syougai.htm
 「碍」が「妨げ」という意味であったのに対し
 「害」は文字通り害であり、他人を害するという意味があることで、この文字を嫌う当事者のみならず多くの方が、「障碍」という文字や ひらがな で「しょうがい」と表現されています。


となむ。
また、小学校の運動会で「障害物競走」が云々、という話を聞いた記憶ともつながったりします。

「害の字がいかん」のはともかくとして、現状を変えるでなく用字用語だけを変えて満足してしまうのは確かにNGだと思うのですよね。
それと、「障碍」だったら画数も多くないですし、覚えてしまえば良いと思う今日このごろ。ルビなり、後ろに括弧で読みを示すなりできるわけですし。

連想して思い出すのですが、多年にわたり障碍者(←字、使ってみた)教育に携わっている、ある先生が最近書かれた文章に、こんなようなことが書いてありました。
「名付けることで、障害者が作られている」(←たしか、こちらの字を使ってらしたように思います)
……これは、たとえば昨今の「多動症」とか「注意力障害」とか(でしたっけ)という語の普及とその周辺状況に対してで、「そういう名前を与えることによって、レッテルを貼って、面倒なもののカテゴリの中に放り込んでしまっている」
と、いうような文意だったように思います。(←探せよ。)(←借り物だったんで。)

(ちなみにこの先生の本、ちょびっと関わったことがあったり。……)
[PR]
by fezn | 2005-09-09 22:31 | Bookmark


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧