蝉しぐれ。丸明オールド。口の連続。(追記あり)

 やた。これならワカりますよたぶん。
 丸明オールド。
http://www.eurus.dti.ne.jp/~kdw/marumin_p1.html
 土曜、いとまができましたので映画を観に行ったのですが、劇場にあった宣伝チラシを見ると、藤沢周平の「蝉しぐれ」の映画版。
http://www.semishigure.jp/
 これ、チラシの裏面の解説、本文が丸明オールドじゃないですかね。これぐらい特徴的ならワカります。

 ん。しかし違和感。
「蝉」の旧字のバランスが悪い感じ。タイプフェイスデザイナーが作ったのではない感じ。「口」の字形を余所からもってきて縮小してるのかなぁ。そうすると細くなってしまう、ということでしょうか。オプティカルな縮尺関連。

 下の方に小さく打ってあるゴシック体の「蝉」旧字は、普通に見える気がします。あまりに小さいのでルーペでのぞき込んでみましたが。

 販売されている丸明オールドは、
http://www.aone-corp.co.jp/spec.html
 のあたりを見るとTrueTypeで7350字のようです。

 蝉の旧字は第二2水準外でしたっけ? 今BTRONノウトが手元にないので調べづらいです。

 ここで書く話題じゃないですが、武道家視点で見ますと、歌舞伎の人がサムライをやると素敵です。腰が据わってて。今回は市川染五郎となむ。
 歌舞伎でサムライといえば近年の大河ドラマの「武蔵」がありましたが、なんか小次郎より沢庵和尚のほうが圧倒的に強そうで、二人が相対したときには「やばい小次郎撲殺されてドラマ終わっちゃうよ」とか焦りました。(邪魔が入って小次郎さん無事でしたが)

 そういえば写研で打ってある少年漫画誌を見たら、気合いの入ってるセリフに出ていたゴナOSだったか何だったかの書体で、「氣」の字が「米」だけ浮いてた次第。普段のセリフの石井ゴシック(?)だとバランス良く収まってるわけでして。
 その場で作ったのかなぁ。SKコードの文字の収め具合(書体ごとに)はどうなっているのでせう。(コードの問題とかは関係ないか)

 Now勉強続行中...



(以下2005.07.26加筆)
 画像ないとワカラヌので、いくつかupしてみます。
 600dpiでスキャンしているので網点が見えます。
 これって映画「蝉しぐれ」のイメージカラー?
b0062477_13182074.jpg

 蝉、の字だけ拡大。でもこれだけ単体で見ると、いまいちワカラヌのです僕自身も。
 で、仮名と並んでるところを。
b0062477_13191285.jpg

 んー。元画像から、仮名詰めを僕がかけているので本来参照すべき図版ではないかもしれません。(関係ないことをふと思ったのですが、竹熊健太郎氏はこういった画像も「図版」と呼びますね)

 で、「下の方に小さく打ってあるゴシック体」は、こちら。
b0062477_13211415.jpg

 こちらは違和感なく見えた、ってことです。たぶんメーカー(ベンダー)から出荷時に含まれていたグリフなのでしょう。

 たぶん丸明オールドのフォントデータには口ふたつの蝉は含まれていなくて、この映画の表記(の字体)に合わせるために、チラシ(なんていうでしたっけ。フライヤー? あれは違うか)を作ったデザイナかオペレータが手作業で作ったものと思います。
 だから他の字と違って、浮いて見えるのではないかと。
 たぶん「口」の字か、あるいは同様のエレメントが含まれる、より大きいサイズの字から部品を引用して。
 同じサイズで含まれるとしたら、もう少し各画が太く(黒く)なると思うのです。

 まあ、蝉の字には最近記憶がありまして、ある商品で短歌の部分のために(地の文は新字体でしたが)旧字をモトヤ明朝ベースでつくったのです。先日。
 で、僕は文字単体をズームイン、ズームアウトしながら(でかいサイズだけで見ていると狂うことは知っていたので)ちょいちょいと調整して実際の担当者に渡した(僕の本ぢゃなかった)のですが、
 はて。
 上に提示の画像だけだと、他の漢字群と比べての浮き具合が分からないことに今気づきましたが(汗)、まあともかく目立っていた次第。

 ということは僕が作った口口の蝉も、これは浮いていたのかなぁとなむ考えてみたりするわけです。まあ気づく人はあまりいないかと思いますが、僕の周囲には業界の人でないのに各社の文庫の組み方について、文字をからめて(書体名は全然知らなくても)語るビブリオマニア(ちと違うか)がいたりしますゆえ、ぶるぶる。


(2005.07.26加筆2)
b0062477_14195027.jpg

他の漢字・仮名とかと比較。
切り貼りなので文章にはなっていません。かな詰めは無し。

……浮いてない気がしてきた。


(2005.07.28加筆)
 ↓自分で作った例。ベースはモトヤ明朝。だった筈。
b0062477_19172318.jpg

 ……うわひどい。ひとのこと言ってる場合ぢゃないな。
 目立たないように小さく載せよう(汗
 自分の本ぢゃなかったから、ということはあるかもしれませんがー(コラ

 ↓モリサワの太ミンのOTF版
b0062477_1920422.jpg

 なるほどこんな感じにするわけですね。
[PR]
by fezn | 2005-07-25 12:49 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧