文字の連続、合字、そしてハイパーテキスト空間におけるUnit

 さてさて、TIBF(東京国際ブックフェア)に出かけるワケですが、帰ってきたら公私ともにそのレポートを書く脳みそになると思いますゆえに、その前にかねてより思っていたことを書いておくわけです。(しておかないと、きっと忘れる)
 ネタの半分はN大学のO先生の講義に依拠しております。ここで勝手に感謝。有難うございます。お元気ですか。

 URL の文字列って、http://www ……で始まるじゃないですか。こんな子音だらけの文字列は、なかなかに独特。途中に記号入ってますしね。
 ttt のように t が3連続するような単語の出てくる言語(現代ドイツ語らしい)と、そうでない言語では、その言語に最適な書体が異なってくる模様。というか、その言語向けにディジタルフォントのデータを調整したり?(このあたり丁度勉強中)
 そうすると(ここで論理飛躍) http だの www だのといった文字列を、通常の本文組版用に最適化された書体データで打つのではなく、微調整とかしてやったりするといい感じになったりするのでしょうか。ふむ。
 変わっても多分区別の付かない鉄と亜鉛ですが、そう思って昨今さまざまの印刷物に打たれた http やら www やらを観察していますと、格好いいのとそうでないものがあるような気がしてきます。それは、その紙面における日本語部分の良さとは必ずしも連動せず。
 で、 www の w について。
 W という文字は……と語るには、実はこれは他の文字と違って V を二つ連ねた合字であって、
Wikipedia‐合字参照)
 しかもダブリューって音から逆算するとダブル・ユーなので実はVの合字ではなくてUの合字。というかVとUが同じ文字の異体字のようなそうでないような兄弟関係で。 これもWikipediaの説明参照。いつのまにか凄い充実してますね。
 ↑には(現時点)説明ない模様ですが、ローマ帝国の硬貨とか見ると、 U の音を V の字で刻んであったりします。

※ ダブル・ユーっていうと、なんかそういうアイドルユニットがいるらしいですが、その命名の仕方はそういった意味では、文字の歴史としては奇妙でもなんでもなく。

 www って w の字の連続ですね。
(ハリポタに出てくる「WWW」というアレは無理矢理すぎるなぁとなむ思いますが。)
 w が uu であり vv なので、そうすると www ってのは uuuuuu であり vvvvvv なわけです。
 どうりで、 ttt と三つ並んだとき以上に連続感が強いわけで。六つですから。
 U2 (you too)ってバンドがありますが www はさしずめ u6 ですかね。……うしっくす?
 ということは u が v なんだから v6 ですか。げふ。


ちなみにこれを「ぶいろく」と読む人が居たり居なかったり。

URRRRRRYYYYYY とかなったらジョジョ的でそれはそれで素敵。人間やめたっぽくて。

そういえば GGG ってのがあるんですか。
[PR]
by fezn | 2005-07-08 20:36 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧