大陸生まれのデザイン書体に出会う。

b0062477_2293679.jpg

 大連のホテルのロビーのところにあった、旅行会社のガラス面のロゴ。金海仮日旅行社、でしょうか。たぶん金海リゾートツアーズとでも訳すのでせう。

 日本において創挙蘭、あるいは綜藝体(字ぃ合ってるかな)と呼ばれる書体、に該当すると思います。僕が予断を持って見ていたから……かもしれませんが、街中で結構見かけるのです。日本生まれの書体が漢字の本家たる中国で雄飛している……のではなくて、これはそもそも大陸の書体なのですね。香港が大陸と言うべきかどうか分かりませんが。
創挙蘭 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/創挙蘭
創挙蘭(そうきょらん)は、写研の組版機で使用できるフォントの一つで、見出しなどに使われる、デザイン性の高いゴシック体。
「蘭」は写研社内でデザインされたことを意味するが、漢字部分は香港でデザインされた、繁体字用の写植文字盤用書体のひとつである。これに日本で鈴木勉などの作ったかな(平仮名・片仮名)を加え、同社のシステム上で使用できる書体として発売されている。
なお、ダイナコムウェアの「綜藝体」は、創挙蘭に影響を受けた書体と言われ、MacintoshやWindowsのDTP上で創挙蘭に似た書体を使いたいときの選択肢の一つとなっている。綜藝体はかなのデザインに問題があるとするデザイナーもいるが、商品パッケージなどでも広く使われている。


 となむ。まあこれは次回引用する記事とか、人に聞いた話とかから僕が書き起こしたものがメインですが。
 で、ダイナコムウェアから発売中の「綜藝体」、これは仮名部分がかなり違いますが、漢字はきわめて似ています。もっともダイナコムウェア自体が香港も拠点のひとつとする国際企業、なのでしたっけ。
 そしてAR新藝体というものもありますが、これも綜藝体に近いですね……。

「綜藝体」でのGoogleImage検索結果
和文フォント大図鑑
http://ohkadesign.cool.ne.jp/wabunfont/
管理人の桜花氏が、綜藝体に合う和字を制作しています。
[PR]
by fezn | 2005-01-23 21:59 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧