国際空港の看板。

 というわけで(?) 街の風景と書体を巡る思考の旅のシリーズ。そんな予告してなかったぢゃないかというツッコミは禁止の方向で。
 ここに至る経緯はメインのWebloghttp://fezn.bblog.jp/を参照してくだされ。BlockBlogでやればいいじゃん、と思うものの、こちらがBookmark管理やりづらい&画像管理はやりやすいらしいことに気づいたので。(BlockBlogは画像upload有料だし)
 よってこのWeblogは、今日からFeZnBookmarkとしては事実上休止するのでした。

 まずはメイン(FeZnの雑記帳inBlockBlog)で書いたとおり、大連に行ってきたのでその風景から。やがては日本の風景と書体を巡ることにしやうかなと思うものの、やはり異文化(それは漢字という共通要素を孕む異文化)の風景というものこそ面白いと思うのであるし、ネタが尽きたら終わってしまうかと想像する今日このごろ。

 さて、仕事で大連Go! 48時間で引き返してきたけれど。このへん参照。組版オペレーターの人たちに出会ったのだけれど、仕事だったので趣味な感じの質問は出来ず。文字文化とそれに対する意識とかね。完全に仕事と無関係なわけではないけれど、ほかに優先すべきこととかあったし。
 たしかに呑んでる時間とかあった。けれど度数の高いお酒でも一向に酔わないシチュエイションというものがなによりも雄弁に語るとおり、気を張る空間であって、つねに色々なことに意識を向ける必要があったわけで。(そこで交わされる情報交換は非常に勉強になったと思うのであるし。)

b0062477_3224960.jpg

 大連国際机場(国際空港)の外観。Wikipediaに投稿した空港の写真の、「大連」とある部分だけ拡大。大陸では、看板はこのスタイルが多い。……というのはメディアを通して入ってくる情報からもわかっていたことだけれど、ホテルとか書店も、こういう……どういう名前か知らないけれど、文字を脚で支えるやつ(汗

 中国本土は簡体字文化なわけだけれど、時折はいわゆる繁体字を使っているところも見受けられたり。大連の連の字にしても。

<中国語メモ>
 忘れてたけれど、中国語では食べ物と飲物で「美味しい」の語が異なる。
 ハオチーとハオハー。(こらカタカナで書くな自分)
 大学時代に少しかじっただけの中国語はほんの少ししか思い出せなくて、しかしその言語が飛び交う環境に数十時間だけでも居ることは、脳に眠る記憶を呼び覚ます。
 これで向うのディレクター(?)の人がこんなに日本語上手でなかったら、もっと脳は刺激されていたのだろう。
 彼らは日本語で冗談を飛ばすし。中国人同士の会話で!
 そうすると、日本に居るのではないかという錯覚すら生じる。

 彼らは凄い。
[PR]
by fezn | 2005-01-23 02:25 | Typeface


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧