国研WS「文字の規範」と「活字デザイン今昔」、そして集合用目印らしきもの

というわけでこんばんは。鉄と亜鉛の時間です。(謎)
さて、いろいろ調整&思案して、都内をウロウロしているスケジュールは以下のようになりました。

2/6[金]午後 PAGE2009(http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/)見学
2/7[土]午前 未定
2/7[土]午後 国語研究所「第2回ワークショップ: 文字 ―文字の規範―」(http://www2.kokken.go.jp/egov/ws_moji090207.html)聴講
2/8[土]午前 武道の稽古
2/8[土]午後 『日本語活字ものがたり』刊行記念トークショー「活字デザイン今昔」聴講

「もじもじカフェ『プリントゴッコの30年』」は涙を飲んで諦めました。
それにしても、あいかわらず予定が詰まってる気がしますが……。


既に顔馴染みの方とは、会場で落ち合えると思いますが、
そうでない方ともお会いしたいものです。

こちらからは、たいていの場合、わかりません。逆にこちらの位置が判るようにすれば良いわけですよね。
「あやつが犯人(←違)では?」と思ってもなかなかコンタクトしづらいものです。(少なくとも、僕は。)
加えて、鉄と亜鉛の人は、中程度の確率で「イメージと違う風貌」らしいので、目印を用意します。
たとえばデスク上に、こんなものが置いてあるとか。


[画像1]
b0062477_453584.jpg


……おや? こんなもの、僕のコレクションにありましたっけ?
昨年の「個人的コレクションのプチ陳列」の時には、所有していなかったワケです。
入手の経緯は、また次エントリにて。

最後の写真は、今日の成果物の一部。サイズ比較用に、100円玉も置いてみました。
[画像2]
b0062477_4543371.jpg


というわけで(←接続詞が微妙に間違ってる)、会場で僕を発見して、声をかけていただければ、「編集尺」を差し上げます。(あ、名刺と交換とか、そんな感じで。)
(発見しておいて声を掛けないのはナシですよー。他の人と談笑してても、是非是非。)
あと、濃い話が聞けると思います。僕じゃなくて、僕の近くに居るであろう方々から。

……「(狭義の)他力本願かい!」と言われれば「そのとおり!」と堂々と答える鉄と亜鉛でした。
[PR]
by fezn | 2009-02-02 22:07 | Wandering


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧