kosho.or.jpがリニューアルし、それに関連して某書籍の復刻に一喜一憂(表裏一体)する話

2009年1月、「日本の古本屋」サイト(http://www.kosho.or.jp/)がリニューアルしたようです。

■日本の古本屋:サーチヘルプ
http://www.kosho.ne.jp/sysinfo/info090113.htm

> リニューアル第一弾としてトップ画面のデザインを変更いたしました。
> トップ画面の窓からは「書名」および「著者」で検索できます。
> 絞り込むためには検索語句を増やすか、詳細画面をお使いください。
> 詳細画面はログインしなくともご利用いただけます。
> 今後さらに使いやすく、画面、機能を変更して行く予定です。
> その都度、こちらでお知らせいたしますので、ご参照ください。


時折、このサイト経由で検索して、今は手に入らない絶版本を漁らせてもらっています。
……中には高すぎて手が出ず、図書館で見るだけ、という場合もありますが……

元を辿れば、ある本を探していて偶然、このサイトに行き着いたのでした。
「検索結果」がwebクローラに引っかかっていたのは、なんらかの特定の条件下にあったのではないかと思うのですが(アフィリエイタがwikipediaの記事を使って生成した自動ページから、自動リンク生成されていた、とか?)、いまだもって真相は不明。
まあ当該書籍(絵葉書集)は無事にgetできましたので、それについては僕の中では解決しましたし、このサイトには感謝のコトバしかありません。

それがさらに便利になるというのですから、これはもう福音。

そういば、発行直後に版元が行き詰まって絶版となった『X51.ORG THE ODYSSEY』は、最近突然(というわけでもないかもしれませんが)新装版が別の出版社から出ましたね。この本も絶版本を「日本の古本屋」経由で発見して入手したのですが、運良く(あるいは運悪く)無事に新装版が発行されてしまいました。(←語調からいって残念そう。)

まあ、あまねく「欲する人のところに本が届く」のは良いことです。
オークションで初期単行本が高騰し、一般ファンに手が届かない状況になってたりしまして、著者によってはそれを憂いて「復刊」に弾みがつくこともあるようですし。
(まあこれは、先日読んだ左田野渉『復刊ドットコム奮戦記 マニアの熱意がつくる新しいネットビジネス』の受け売り。話はズレるけれど、この本、表紙絵が藤子(A)先生だって時点でちょっと驚き。)


要するに、鉄と亜鉛は半年かけて駆け回って探した本が(まだ半分も読んでない状態で)復刻されて新装版で安価に書店に並んでいて、嬉しかったり悔しかったりしたわけですよ。はい。
[PR]
by fezn | 2009-01-27 23:57 | Bookmark


メディアの海の片隅で、ぷかぷかと漂っているクラゲ。文字とか組版とか、勉強中。


by fezn

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

そろそろBlog再開しますかね
at 2015-01-31 04:32
ようこそFeZn/Bookm..
at 2014-12-31 23:59
スクープ! QWERTY俗説..
at 2013-06-20 01:56
更新してなかった月日に関する諸々
at 2013-06-16 13:24
「文字とコンピュータ」第一回..
at 2011-10-20 15:28
なんとなく作業用メモ……その..
at 2011-07-27 19:35
私家版・「様々な訓読み」(2..
at 2011-07-25 05:43
常用漢字表・付表=熟字訓(2..
at 2011-07-25 04:14
可動SPICA募集中(亮月製..
at 2010-10-08 20:56
(記事移転)「和文フォントの..
at 2010-09-18 21:22
(記事移転)先にアリガトウと..
at 2010-09-18 21:06
(記事移転)Excel で重..
at 2010-09-18 21:01
(記事移転)【memo】DT..
at 2010-09-18 20:57
(記事移転)『「成り立ち」「..
at 2010-09-18 20:47
(記事移転)グリフ主義そして疑問
at 2010-09-18 20:30

カテゴリ

全体
Bookmark
Typeface
DTP
EDICOLOR
Script
Source
Stationary
Wandering
Books
TIBF
未分類

検索

ライフログ


古代史の謎は「海路」で解ける (PHP新書)


[図解]偏差値41から東大に合格した人の「記憶術」「読書術」「時間術」


[図解]武士道 逆境に負けない不屈の精神、何事にも動じない心を鍛える


[証言録]海軍反省会 7


文字の組み方―組版/見てわかる新常識


文字の骨組み―字体/甲骨文から常用漢字まで


欧文組版 組版の基礎とマナー (タイポグラフィの基本BOOK)


日本語組版の考え方


文字をつくる―9人の書体デザイナー


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)


欧文書体―その背景と使い方


シーリングワックスの本―基本の使い方からアレンジ法まで


文字のデザイン・書体のフシギ 神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2


アイデアのつくり方


印刷史/タイポグラフィの視軸―府川充男電子聚珍版


フォントブック[和文基本書体編] (+DESIGNING) (+DESIGNING)


「印刷雑誌」とその時代―実況・印刷の近現代史

最新のトラックバック

私家版・「様々な訓読み」..
from FeZn/Bookmark
[文字][event]2..
from FeZn/Journal
イラレ9やインデザ2の、..
from FeZn/Bookmark
「アドビのアプリがなにや..
from FeZn/Bookmark
竹村真一『明朝体の歴史』..
from FeZn/Bookmark
写研書体と機械についての..
from FeZn/Bookmark

以前の記事

2015年 01月
2014年 12月
2013年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

Anchor

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧